ドケケンニュース」は、EVオーナーズクラブ(Kekkon)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

(2017/11/22)

イーロン・マスクCEOの「次世代のロードスター向け特別アップグレードパッケージでは、間違いなく短距離を飛ぶことが可能になるだろう」とのツイートを紹介しています。

(画像:テスラのHPより)

新型ロードスターは、最高速度400km/h以上だそうです。ジャンボジェットの離陸時の速度は、300km/h前後だそうですから、羽をつければ飛ぶのは間違いありません。飛んでしまうと、飛行機の免許も必要になるでしょうが。

ちなみに、東海道新幹線「N700系」の営業最高速度は時速285kmだそうです。

それにつけても2004年段階で慶應義塾大学電気自動車研究室(当時:清水浩教授)のEliicaは300km/hを越え、370km/hに達していたことは、今さらながらすごいことだったのだと思い知らされます。早すぎた登場だったのかもしれません。
 

(2017/11/20)

標題は、 トヨタの内山田竹志会長のインタビューでの発言ですが、その理由として、「非常に高価で、充電に時間がかかる」「航続距離の長い電池駆動車」はトヨタの計画にないからだそうです。

トヨタの解決方法は、「大容量で充電時間が短い新種の全固体電池」だそうが、上記の発言からすると、高価ではなくそこそこの価格の物ということになりそうです。

ただし、ここの前提である「長い航続距離」には異論もあります。ガソリン車と比較したり一家に車が1台しかなかったりすれば、走ることのできる距離は長いに越したことはありませんが、6年以上、距離にして7万7千キロ近く電気自動車に乗ってきた経験からすると、普段使いには1回の充電で100キロ走ることができれば問題はありません。

急速充電器の数はまだまだ足りないと論評されることが多いですが、6年前と比べると驚くほど増えました。私の普段の行動範囲の中で急速充電することはまずありませんが、必要がでてきた場合にも最寄りの充電器に困ることはありません。

何度か書いていますが、決まり文句のように言われる「30分間」充電は、大量に充電するときだけであって、必要量入れることができれば30分待つ必要はありません。私の乗るアイミーブMグレードは、10.5kWhしか電池がありませんが、夏の暑い7月30日、高速の帰りという条件の悪いときに、多賀SAで約47パーセントから約75パーセントまで充電するのに8分しかかかりませんでした。

トヨタには大容量でなくても良いですから、暖房を入れて実質120キロほど走り、Mグレードに積む東芝ののように劣化が少ない電池を積んだ電気自動車を、そこそこの価格で早く出してほしいものです。

PHVで積んだデータとノウハウを持つトヨタならすぐにでもできるのでしょうが、自動車産業の構造を変えてしまう恐れがあることをよくご存じでしょうから、「全固体電池の量産化には4、5年かかる」と研究段階の話を持ち出して時間をかせいでおられるのでしょう。

(2017/11/17)

トヨタは、中国においてトヨタブランドの電気自動車を2020年に導入すると17日から始まった「広州モーターショー」の記者発表で明らかにしたと伝えています。この電気自動車は、で、中国が2019年に導入する新エネルギー車(NEV)製造販売比率規制をクリアするために製造も中国で行うそうです。

以前、SankeiBizでは、「中国自動車市場に「2018年問題」 新エネ車の現地生産義務化」(2017/08/14)でトヨタも2019年には「 」と報じていましたが、勇み足だったようです。

この他トヨタ関連では、トヨタがスズキの電気自動車製造を支援し、2020年ごろにインド市場へ電気自動車を投入する予定だそうです。また、トヨタもスズキからOEM供給を受け、自社ブランドで発売するそうです。

(2017/11/17)

インドでは、2030年までにと表明していますが、その理由は、世界で大気汚染が深刻な都市ワースト20のうち ということがあるようです。18日のテレビでは、大気汚染で視界不良の中、事故で止まっている車に次々と車が突っ込んでくる様子を映し出していました。(2017/11/19)には、「ニューデリーの微小粒子状物質PM2・5の年平均濃度は、北京の約1・4倍」ともあります。

どちらの電気自動車も日本へ輸入されることはないでしょうが、トヨタ産の電気自動車が増えることで、そのデータが日本での製造に反映されるのでしょう。

ちなみに2020年のオリンピック・パラリンピックでは、オリンピックモデルの電気自動車を大会で走らせるそうですし、2022年には、「全固体電池」を搭載した電気自動車を日本国内で発売する方針のようです。(どちらもリンク切れ)

(2017/11/15)

電気自動車のニュースブログですが、同じ電動車としてリコールの場合は、早めの点検・修理が重要ですので書いておきます。

2011年(平成23年)から2015年(平成27年)に生産されたプリウスPHVの20,442台で、駆動用バッテリの「ハイブリッドシステム保護用ヒューズ(EVヒューズ)の容量が不適切なため、高負荷運転を繰り返すと当該ヒューズが疲労断線する・・・そのため、警告灯が点灯し、最悪の場合、ハイブリッドシステムが停止して走行不能」となるおそれがあるそうです。



EVヒューズを対策品と交換するだけのようですから、早期に対処できるのではないでしょうか。

来年のことを言うと鬼が笑うと言いますが、今から来年の準備をしておくと充電渋滞を避けることができて、帰省や旅行などの移動を笑って過ごすことができるかもしれません。
は、早くもこの時期に「年末年始に急速充電器をご利用予定の方への参考情報」(2017/11/02)を掲載しています。 

「」では、今年のお盆期間中(2017/8/11~8/16)、高速道路に設置されている急充電器が時間帯ごとにどの程度混雑していたかをまとめています。NCSも書いているように、お盆と年末年始では混雑状況が異なる可能性もありますが、計画を立てる上では、多いに参考になる情報だと思います。なお、「IC周辺設置の急速充電器」 は、IC出口からおおむね1.5km以内にある急充電器だそうです。

具体的にな例を見てみると、新東名の下りでは浜松SAが6時〜12時にかけて充電待ちが多く発生しています。その先は、名神の尾張一宮PAで9時〜15時、さらにその先は、多賀SAで15時〜18時が混み合っており、充電渋滞が順番にずれていっているかのようです。ちょうどこの時間帯に移動した人は、待ち時間が長かったものと考えられます。

このリストを有効活用するとすれば、浜松SAよりもその一つ先で急速充電器が2基ある岡崎SAや上郷SAで充電したり、多賀SAを避けて、その先の菩提寺PAで充電する計画を立てた方が充電待ちに会う確率は低くなります。

また、同時に公表されている(2017/8/11~2017/8/16実績) では、地図上の充電器が色分けされ、渋滞実績を読み取ることができます。

たとえば期間中、上の例で書いたSAなどの渋滞回数は以下の通りです。
浜松SA(下)58回、
岡崎SA(下)0回、
上郷SA(下)7回、
尾張一宮PA(下)10回、
多賀SA(下)15回、
菩提寺PA(下)2回


↑このページのトップヘ