ドケケンニュース」は、EVオーナーズクラブ(Kekkon)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

( 2018/12/02)

現行の普通車規格のアイ・ミーブは、月に平均5台ほどしか販売されていません。そんな手作りのような車のために部品を確保するのだけでも、コストばかりかかって非効率だろうと思っていましたが、そのアイ・ミーブという電気自動車のラインナップを残したのは、日本のためではなかったようです。

フランスのグループPSAが12月3日からパリ市内で開始したカーシェアで使われている車が、三菱アイ・ミーブをOEM供給する「プジョーi0n」「シトロエンC0」であり、その数は550台にも及ぶそうです。

ちなみに、この数は、2016年・2017年・2018年と3年間に日本で販売され廃版になった軽グレードのアイ・ミーブ合計数よりも多い台数です。

Наш важный веб сайт про направление уборка киев http://1cs.com.ua

され始めました。

それによると、12月3日時点での予算残額は、14億28百万円だそうです。一見するとまだまだありそうですが、11月の1日辺りの平均申請額は59百万円だったそうですから、単純にわると24日でなくなる計算です。
登録を待っている方は、少しでも早くの申請が望ましいです。

(以下補助金が不足?(2018/11/18)に加筆)
店頭にある電気自動車を登録するなら間に合うかもしれませんが、ディーラーでの新規の注文では間に合いませんから、以下のように来年度に補助金受付が始まる2019年4月の申請が必要となるでしょう。(2018年度は、2018年2月1日(木)以降に初度登録した車両)

2018年度の購入への補助金<2018 /04/13>

もしくは、EV買うなら10月? (2018/11/16)に書いたように10パーセントへの消費税アップがらみで補助金が増加するかもしれない2019年10月以降が無難かもしれません。ただし、毎年のように補助金の計算方法や額が変更されてきましたので、2019年度は1台あたりの額そのものが減らされてしまう恐れもあります。

(2018/11/26)

記事では、三菱自動車と中国の広州汽車との合弁、広汽三菱が、広州モーターショーで発表したSUV『祺智(チーツー)EV』を紹介しており、その一充電走行距離と価格に注目しました。

祺智EVは、三菱車としては最長となる一充電走行距離410kmだそうです。中国発売で中国の測定モードでの数字なのでしょうから、日本のJC08モードと比べてどうなのかはわかりませんし、電池容量の記載もないために性能がはかりかねますが、40kWhの電池を積むリーフの一充電走行距離400kmと比べても、410kmという数字にはたいへん興味を引かれます。

価格については、中国政府の新エネルギー車補助金適用後のベース価格は、「13万5800万元(約220万円)」とあります。その新エネルギー車補助金がいくらなのかがわかりませんが、(2018/02/14)によると、「1回の充電で走れる航続距離が200キロ~250キロメートルの平均的なEVの場合、国が支給する補助金は2万4千元(40万円強)。従来の3万6千元から約3割減」とありますから、もしかしたら400kmを走る電気自動車は、減額されていても3万6千元(約60万円)ぐらいあるかもしれません。

仮に60万円だとすると、元値は日本円で280万円になりますから、魅力的な価格です。ただし、これは自動車会社がよくたてる「戦略的価格設定」かもしれません。

(2018/11/29)も含めて、日産グループでは電気自動車のSUVは三菱という住み分けなのかもしれません。

「戦略的価格設定」に関係する記事

(2018/11/28)

日産は、電気自動車におけるバッテリーへの蓄電、または放電機能が、社会と今後どのように繫がっていくのかを再定義した「Nissan Energy」(ニッサン エナジー)を発表していました。

「再定義」というように発表の中身は、今までの実例や実績、すでに公表されている今後の計画を改めてまとめたものに過ぎません。

たとえば、「Nissan Energy Share」と英語にはなっていますが、その中の一つは、電気自動車と家とを結び電気のやりとりをする「Vehicle-to-Home」(日産では別名「」)であり、すでに対応した機器を設置し運用している家庭もあります。

(画像:日産のHPより引用)

また、「Nissan Energy Supply」と大げさに書いていますが、自宅での充電ができるだけでなく、外出先での急速充電ができることを書いているだけです。

電気自動車を使った様々なサービスを「ニッサン エナジー」に統一し、ブランド名を高めるためのようですが、なぜか唐突な発表に思えます。リーフの60kWhグレードの発売をこの時期に公表する予定でしたが、それが延期されたため、「ニッサン エナジー」だけを発表したのかもしれません。

(2018/11/30)

なお、営業妨害するつもりはありませんが、「Nissan Energy Supply」の中で紹介されている「住宅用充電設備(コンセントや充電器など)が日産の電気自動車に安全に接続できるかを検証したり、日産が認定した設置業者を紹介することで、お客さまに安心感を提供します」は他の方法もあります。

「住宅用充電設備」とは要するに、どこの家にも分電盤まで来ている200Vを専用の線で延長して、リーフの近くの壁などに普通充電コンセントをつけるだけですから、近所の電気屋さんに頼んだ方が安くできます。

(2018/11/29)

(全国軽自動車協会連合会 - 統計資料)

三菱自動車 2018年8月のEV販売実績<2018 /09/29>でアイ・ミーブの 軽 Xグレード(16.0kWh)は、「12台ある」と書きましたから、9月分も差し引いて残りは6台かもしれません。詳しくは、近くの三菱ディーラーにご確認ください。

は台数こそわずかですが、コンスタントに出ています。
の新モデルの販売台数は、落ち着いた動きとなりました。


2009年11月から2018年10月までの各車種国内販売総数(メーカー発表値を含む)
  • アイ・ミーブ軽自動車(上の表中の青色)(2009年7月〜10月の記録なし)
  • 赤色
  • 緑色
  • 普通車(紫色)・・・「」誌に掲載されている数字を掲載

アイM軽

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

アイM普通

国内販売総数

10805

6804

45898

33

↓2018年度合計

34

151

3581

33

03月
0  0 0 0
02月
0  0 0 0
01月
0  0 0 0
12月
0  0 0 0
11月
0  0 0 0
10月
3  19 557 10
09月
3  21 1247 4
08月
5  21 678 7
07月
2  30 330 3
06月
11 31 405 5
05月
8 8 197 4
04月
2 21 167 0

(2018/03 アイ・ミーブ 軽自動車規格の製造中止)
(ミニキャブミーブ・トラック掲載中止(2016/03製造中止)国内販売総数1018台

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2017年度合計

167

285

4951

3

03月
1531665-
02月
1226
576
-
01月2430585-
12月
1415343-
11月
2018235-
10月
1416237-
09月
1317568-
08月
1216293-
07月
10302801
06月
1332487-
05月
13354001
04月
7192821

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2016年度合計

145

205

3625

43

03月
14378464
02月
30
66
459
2
01月31111904
12月
216244-
11月
753114
10月
11
2
486
8
09月
2
4
(未発表)1
08月
7
3
151
3
07月
10
11
261
2
06月
1521
253
9
05月
10
20
174
3
04月
6
9
250
3
アイ・M
ミニキャブ・M
アウトランダーPHEV
M-トラックは2016/03をもって製造中止
↓2015年度合計

489

423

11840

126

03月
10
8
955
6
02月
39
71
1317
20
01月
31
23
801
6
12月
35
21
518
11
11月
23
27
814
8
10月
21
26
1145
4
09月
73
57
1896
15
08月
68
44
1313
9
07月
73
32
2383
9
06月
59
51
221
19
05月
38
45
289
14
04月
19
18
188
5

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2014年度合計

824

781

8629

181

03月
60
44
796
22
02月
82
52
603
25
01月
84
84
830
20
12月
70
57
608
22
11月
92
76
558
22
10月
102
93
538
18
09月
97
110
1450
6
08月
51
87
457
10
07月
102
124
700
4
06月
41
17
1300
14
05月
25
12
563
10
04月
18
25
226
8

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2013年度合計

1099

1006

8968

181

03月
130
124
736
30
02月
238
98
1630
16
01月
55
42
1298
17
12月
82
59
1488
9
11月
66
92
1705
9
10月
75
93
560
15
09月
95
137
772
21
08月
54
71
776
9
07月
68
93
-
14
06月
70
79
-
9
05月
62
71
-
7
04月
100
71
3
25

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2012年度合計

2205

2026

4304

436

03月
358
344
1719
269
02月
377
317
2079
167
01月
79
58
506
48
12月
137
121
11月
189
133
10月
141
128
09月
212
197
08月
86
107
07月
157
200
06月
288
256
05月
142
134
04月
39
31

アイ・M

ミニキャブ・M

↓2011年度合計

2552

1927

三菱発表 2012/03
国内外 累計:26000

03月
117
123
02月
446
590
 
 
01月
341
467
 
 
12月
359
747
 
 
11月
326
MINICAB-MiEV
12月販売 
 
 
10月
244
 
 
 
09月
340
 
 
 
08月
207
 
 
 
07月
61
Mグレード販売
 
06月
40
 
 
05月
34
 
 
04月
37
 
 

アイ・M

 

 

↓2010年度合計

2542

 
 
03月
102
震災
 
 
02月
321
 
 
 
01月
219
 
 
 
12月
164
 
 
 
11月
172
 
 
 
10月
179
 
 
 
09月
277
 
 
 
08月
221
 
 
 
07月
383
 
 
 
06月
390
 
 
 
05月
53
 
 
 
04月
61
個人販売
 
 

アイ・ミーブ

 
 
 

↓2009年度合計

748
 
 
 
03月
101
02月
151
01月
188
12月
145
11月
163
(これより以前のデータはなし。「(アイミーブ)」は2009年7月23日から法人販売)

↑このページのトップヘ