ドケケンニュース」は、EVオーナーズクラブ(Kekkon)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

(2018/07/29)

<2018 /07/27> で全固体電池を取り上げていますが、NHKのサイエンスZEROでも放送をしていました。

(2018/06/18)に登場されていた東京工業大学の菅野了次教授の話もあり、その中で電気自動車への搭載は「2020年代前半」とされていました。

「前半」と先のブログの「後半」では大きく違ってきますが、このあたりの「誤差」は『全固体電池』の最後の乗り越えなければならない壁の高さを物語っているのかもしれません。

番組中で気になったのは、最初の「自動車レースをするのは大変」の中で、予選と決勝の間に「充電タイムが5時間半も必要なんです」と紹介したところです。

まずは急速充電器を使い、残りは200Vの普通充電を組み合わせて100パーセントにしてからスタートするのでしょうが、急速充電器の数を参加台数分は準備できないために、「5時間半」確保しているのではないかと想像します。

その辺りの詳しい説明がないので、番組を見た印象によっては、「充電」がことさら「大変」ととらえかねないと『心配』しました。司会の小島瑠璃子さんも「大変ですね。」とコメントしていましたから。

(加筆1)
(2018/08/06)ここにも「2020年代前半」と書かれていました。具体的には「前半に数量を絞った形で全固体電池の実用化を目指す。大量生産技術の確立はその先の目標」とも書かれていますから、9合目以降が最難関のようです。

 (加筆2)
(2018/08/07)によると、「2020年代前半にまず、数量限定」で、20年代後半となる2025年以降で「大量生産」を目指すとのことです。やはり「大量生産」は困難がともなうようです。

Наш важный веб сайт про направление уборка киев http://1cs.com.ua

から「」が出ています。

今年のゴールデンウィーク(2018/4/28~2018/5/6)の実績を元に、お盆の混み具合も予想し参考にしてほしいという情報です。
  • 高速道路設置の急速充電器の混雑状況とIC周辺設置の急速充電器 
たとえば、新東名の浜松SAは、「赤色」の充電待ちが多く発生していますので、直前の静岡SAで充電するか、電気に余裕があれば、その先に2基ある岡崎SAを選ぶことが賢明なようです。

また、日産では8月6日から23日までの「」を掲載して、24時間対応以外の営業所の施設情報を示しています。

なお、NEXCOなどより「」というプレスリリースも出ています。それによると、 お盆期間における高速道路の分散利用を図るため、 試行的に休日割引の適用日を変更するそうです。

ーーー(以下引用)ーーー
8月11日(土・祝)、12日(日)→ 普通車・軽自動車等 休日割引は適用されません。
8月9日(木)、8月10日(金)→ 普通車・軽自動車等 休日割引が適用されます。

※8月9日(木)、10日(金)は「平日朝夕割引」の適用日ですが、普通車・軽自動車等については「休日割引」が優先して適用されますので、「平日朝夕割引」の対象走行とはなりません。

※上記以外の日及び割引については、変更ありません。
※安房峠道路・広島呉道路の「休日割引」の適用日は、8月11日(土・祝)、12日(日)のまま変わりません。

(2018/06/29)

電気自動車はエンジン音がしないためガソリン車よりも静かで、高速道路でも声を大きくすることなく、普通のトーンで会話することができます。そうした静かな中にいると気になるのは、タイヤと道路面との間でおこる「ロードノイズ」です。

このロードノイズを抑える技術を開発したと東洋ゴム工業が発表していました。

同社は、タイヤ内部の空気の流れを制御することでノイズを大幅に軽減しており、従来品と比べて75%ノイズ削減ができたようです。

(画像:東洋ゴム工業HPより引用)

電気自動車は静かすぎて通行人に気づかれにくいと、低速時は擬似的に接近音を作ってまで「音」を流していますが、車内は静かなことに越したことがありませんから、これからはこのような『静かなタイヤ』が主流になるのではないでしょうか。

(2018/07/30)
  • 音を制御して快適空間を生み出す制音機能(吸音、遮音、静音)をコアとした製品 

のようなプラグインハイブリッド車はエンジンによる発電からも電気は補充できますが、 EVと同じように電力会社の系統からの電気を充電するのが手っ取り早いです。そして何よりもモーターによる走行を体験してしまうと、エンジン音はわずらわしくなります。

ホンダのEV(2018/07/21)でも書きましたが、ホンダ販売店の急速充電器はその後も増え続け、2018年7月8日から8月2日にかけて、78カ所もが登録されています。ただし、それらの地域には協力会社の取組の差があるのか片寄りがあり、例えばその中に「京都府」や「奈良県」「滋賀県」の文字はありません。

滋賀県内の系列店で伺ったところ、急速充電器設置の話は来ているそうですが、諸事情によりすぐの工事には至っていないそうです。

しかし、前向きな話しぶりでしたから、日産のようにホンダの全国ディーラーに急速充電器が設置されるのも案外近いかもしれません。

(閲覧にはメンバー登録が必要)

(画像:ホンダ・ディーラーにいくつか設置されているJFEの急速充電器、道の駅)

(登録更新)・・・2018年7月31日
  1. Honda Cars福岡 赤坂店 (福岡県福岡市中央区赤坂1-13-12)
  2. Honda Cars福岡 板付店 (福岡県福岡市博多区西月隈5-12-50)
  3. Honda Cars大阪 淀川店 (大阪府大阪市淀川区野中北1-17-37)
  4. Honda Cars大阪 寝屋川東店 (大阪府寝屋川市昭栄町18-1)
  5. Honda Cars大阪 箕面牧落店 (大阪府箕面市牧落3-19-37)
  6. Honda Cars福井南 二の宮店 (福井県福井市二の宮2-8-67)
  7. Honda Cars北陸 富山新庄店 (富山県富山市新庄町2-7-25)
  8. Honda Cars北陸 白山村井店 (石川県白山市村井町666)
  9. Honda Cars信州 松本村井店 (長野県松本市村井町南4-1-7)
  10. Honda Cars横浜 港南店 (神奈川県横浜市港南区日野南1-1-12)
  11. Honda Cars横浜 藤沢中央店 (神奈川県藤沢市辻堂神台2-6-27)
  12. Honda Cars市川 市川鬼高店 (千葉県市川市鬼高4-8-8)
  13. Honda Cars熊谷 寄居店 (埼玉県大里郡寄居町大字桜沢20-81)
  14. Honda Cars埼玉 川口中央店 (埼玉県川口市川口6-3-25)
  15. Honda Cars埼玉北 熊谷広瀬店 (埼玉県熊谷市広瀬479-1)
  16. Honda Cars伊勢崎中央 太田町店 (群馬県伊勢崎市太田町900-3)
  17. Honda Cars前橋北 上小出店 (群馬県前橋市上小出町1-30-6)
  18. Honda Cars高崎 高崎貝沢店 (群馬県高崎市貝沢町1239-1)


(登録更新)・・・2018年8月2日
  1. Honda Cars埼玉南 朝霞店 (埼玉県朝霞市膝折町2-13-68)

ホンダ「クラリティ PHEV」(2018/07/24)を紹介しましたが、やには装備されている100V1500Wのコンセントは、の車内にはありません。(USBジャックのみ)

(2016/06月8日)によると、「セダンだから」という理由で燃料電池車には装備されていなかったそうですから、同じ車体を使うにも備えられていないようです。

(画像:カタログ)

カタログの急速充電ポートの所に「に対応している外部給電器を接続することで、電気機器へ電気を給電できます」とありますから、と同じようにホンダの給電器「」(メーカー希望小売価格118万円)を接続することを想定しているのでしょう。(のオプションカタログに記載はなし)

(画像:ホンダのHPより引用、燃料電池車と給電器)

いくらがセダンだとはいえ、今回の豪雨災害のような非常時に、避難所の明かりは心の支えとなるそうですから、せっかく蓄えている電気を避難場所へ届け、生かすことができないのはもったいないことです。高機能な「」が用意されているとはいえ、付属品としてはいかにも高価です。

ちなみに燃料満タンでは一般家庭の約2日分の電力を、は 約7日分、は約10日分を供給可能です。 

↑このページのトップヘ