ドケケンニュース」は、EVオーナーズクラブ(Kekkon)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

(2018/06/07)

トヨタ自動車は、国内向けに二人乗り程度のコンパクトEVを先行投入する検討に入ったと伝えています。

トヨタは、『C-HR』および『イゾア』(IZOA)ベースのEVを2020年に(2018/04/25)するとしており、レクサスCTベースのEVは、トヨタ自動車九州で(2018/01/01)としてきました。

また、「2020年にオリンピックモデルの電気自動車を大会で使用」という発表はすでにありましたが、よもやそれが2017 International CESの場で初披露された二人乗りの「」のようなものであり、それを市販までもっていくということに驚きました。世界的なEVシフトを意識して前倒ししているのかもしれません。

(画像:トヨタHPより引用)



ただし、 のように、いまだ規格の決まらない超小型EV「」(2017/08/21)ではなく、過去に販売された2人乗りののような小型車になるのでしょう。「近距離移動のニーズが多い都市部や、過疎化が進む地方などを中心に普及させたい」とのことですから、維持コストの安い軽自動車規格がベストでしょうが。

もう一つ注目したところは、「独自に開発するリチウムイオン電池を搭載」としているところです。

トヨタは、2022年にも「全固体電池」を搭載する方針のよう「」(2017/07/25)ですが、それまでのつなぎ?とはいえ、トヨタにとって最初に市販するEVに「自前」のリチウムイオン電池を採用するとは、調達コストを下げるために共同開発したり大量生産する電池メーカーから仕入れたりすることが多い中、今後の電池動向を見据え、電気自動車の基幹部品である電池の自前にこだわっているのかもしれません。

(2018/06/08)

(2018/06/07)

また、広い車内でファミリー層に人気が高い軽自動車に対して、二人乗りのコンパクトEVが大量に売れるとは考えられませんから、「独自開発」の費用が回収できるのか心配しますが、「家庭や事業所などの蓄電池への活用」も想定しているそうですから、FIT(固定価格買取制度)による太陽光発電の買取期間10年間を終える元年の「2019年」以降を意識しているのかもしれません。

「2019年」には、電力会社へ売られていた約50万世帯の約200万キロワットが自家消費にまわるようになると見込まれています。電力会社から電気を買うよりも自宅の太陽光発電由来の電気を自宅で使うほうが安くなるからです。そのとき、家で使い切れない分の電気は、蓄電池や電気自動車に貯めておいて、夜に使えば良いということになり、そうした電池需要を取り込もうとしているのでしょう。

2019年を前に電気自動車の中古車が売れる?(2017/11/09)

また、「電力会社などと連携し、電池を用いた大規模な蓄電設備を整備」ともありますから、新たな市場を狙っての電池の自前なのかもしれません。

記事の中で1点気になったところは、「現在、EVの生産コストの半分近くを電池が占めているとされ」と書いていたところです。

三菱アイ・ミーブが発売された2009年の頃には「EVの生産コストの半分近くが電池」といわれたものですが、2018年と10年近くたった今、そのフレーズから抜け出せていないはずはなく、どこかからの伝聞にしてもそのソースは古いものでしょう。

Наш важный веб сайт про направление уборка киев www.1cs.com.ua

4日に電気自動車仲間が、途中充電なしで琵琶湖を一周(通称ビワイチ)したいということだったので、スタートとゴールに設定したと一部コースは伴走でお手伝いしてきました。


車種は三菱 アイ・ミーブ Xグレード(電池容量16kWh)で、これまでに約8万キロを走っており、駆動用バッテリーの容量は、約87パーセントまで減ってきているそうです。

現在発売中の普通車格になったは、一充電走行距離を164キロメートルとしていますが、同じ電池でも発売当初は、それを172キロメートルと発表していました。そこで、劣化が進んできている現在の電池でも、当初の一充電走行距離を超える走りができないかとの思いで、比較的平坦な道が続く琵琶湖一周を計画され、地元の私はコース取りをアドバイスさせていただきました。

まずは、彦根までで減った電気を、近くのイオンタウン彦根店の急速充電で補充をおこないました。ここの充電器は50kW出るので、本当の急速充電器と言えますが、設置されてからずいぶんと時間がたつので、液晶画面が見づらくなってきました。
あとは滋賀三菱 彦根店の200V充電器で、100パーセントまで充電させていただきました。

(左は私のMグレード)

計画コースはおよそ以下の通りです。
距離を短くしようとすると、琵琶湖の北にある「奥琵琶湖トンネル」を抜けることになるのですが、そこ通るコースは、標高差が約114メートルになってしまい、電気自動車にとっては鬼門の上り坂が続きます。

今回の計画は距離を延ばすという意味もあるので、そのトンネルを避け、遠回りにはなりますが北部もできるだけ湖岸を通りました。その結果、標高差は約69メートルと一部を除いて、よりとなりました。

私が先導した琵琶湖・湖北のコースでは、電費をかせぐために時速は55キロメートル前後で走りました。(制限速度50キロ)また、琵琶湖を一周して彦根へ帰ってきた段階では、距離が目標よりも少し足らなかったため、無理と大回りをして彦根店に戻られたようです。

その他の詳しい内容については、後日公開されるであろうをご覧ください。

結果は以下のようになりました。
90パーセントを切るような電池でも、走るコースや速度を抑えた走行によっては、カタログ以上の値を出すことができるのですから、電気自動車の電池はその性能を上手く発揮できるように作られています。

(2018/05/31)

上記の記事は東北電力ですが、、電力中央研究所、、、三菱電機の5社も、また、とも電気自動車へ充電するだけでなく、電気自動車にたまっている電気を電力系統へ供給するV2G(Vehicle to Grid)技術の実証試験を開始すると告知していました。

(2018/06/06)
  • 東京電力、東京電力エナジーパートナー、東京電力パワーグリッド、日立システムズパワーサービス、三菱自動車工業、静岡ガス、日立ソリューションズ

(画像:5社の発表より引用)

天候によって出力が左右される太陽光発電やその他の再生可能エネルギーの調整を、最低でも家1軒1日分の電気(約10kWh)を貯めておくことができる電気自動車を利用し、柔軟におこなおうというものです。

毎日新聞のによると、九州電力は九州内だけでも2030年度に120万台に達すると想定しているそうです。最新の日産リーフに載る電池は40kWhですから、平均30kWhとしても3600万kWhの電気が、2030年頃には市中にそれも電力会社が出資することなく蓄えられる状態になります。(九州電力の玄海原子力発電所にある2号機から4号機の3カ所をあわせて291万9000kW)

これらを上手く利用すれば電力需給の調整に大きく寄与するとみての試験ですが、電気自動車オーナーから見れば、家庭や勤務先で止めておくだけで、調整役としての電池利用料が入ってくるかもしれないので、将来実用化されれば、思わぬ副収入があるかもしれません。

2012年に書いた「EVのデメリット」のメリットがいよいよ現実化するかもしれません。

ただ最近は、自宅に太陽光発電システムをあげている方は、電力会社への売電や将来に調整役をするよりも、送受電における損失を考えれば、自宅での利用や電気自動車へ直接充電したほうが、有益なのではないかという考えに変わってきています。

先日、書いた 東京都、2030年までに半分の新車をCO2排出ゼロに(2018/05/29)に「今後は、この目標を達成するために、東京都としてどのような手だてを講ずるのかに注目」と書いたところですが、EV購入の動機付けに以下のようなことはいかがでしょうか?

(2018/05/29)

集合住宅に住むことの多い都市住民にとって、駐車場の問題は大きく、充電環境を考えた場合にEVを選ばない理由の一つとなっているでしょう。記事にも自車の駐車スペースを持っていないため、「路上の充電設備を利用せざるを得ない」とあります。

似た政策は日本でも今までにありましたが、あくまでも一時的な駐車場利用、たとえば公園などでの利用が無料または割引といったものに限られていました。

それを、たとえば「ガレージ」として提供してはどうかというものです

都が駐車場経営をしては民業を圧迫するでしょうが、面積は広くはないが車は止められるといった利用されていない都有地を民間に安く貸し出すことができれば、EVに限って周辺の駐車料金よりも安く貸し出すことは出来るかもしれません。(私のような田舎者はそのあたりの事情がわからずに、思いつきで書いています)

(画像:システムパーク彦根東第2)

EV使用者だけ優遇するとは不公平だと言われるかもしれませんが、(2018/05/28)のようなものと組み合わせると可能かもしれません。

練馬区の取組は、災害時に私物のEV内蔵電池を避難所の電源として提供してもらおうというもののようです。記事の範囲でしかわかりませんが、住民として災害時にはボランティアしてほしい、その際にはEVを提供してほしいということのようで、EVオーナーのメリットとしてはボランティアの保険料は区が負担するというもののようです。

万が一の時に協力を惜しむ人はいないでしょうが、税金から負担してもらえるというボランティア保険料はほどですから、ちょっと虫がよすぎるような気がします。

ですが、災害時にEVを提供するとの協定をEVオーナーと結ぶことで、行政としても税金を拠出する理由ができますし、駐車料金の一部を税金負担してもらうことができれば、それを動機にEV購入者が増えるかもしれません。

地価が高いので、そもそも「利用されていない都有地」などないのかもしれません。それでは以下のようなことはどうでしょう。

都市部でも空き家は増えているようです。取り壊して更地にすると税金が上がりますから、そのままになっているものも多いでしょう。そのようなところは、EVの駐車場にすることを条件に、土地への課税をあげないのです。もちろん、充電器を設置する場合には補助金を出して充電環境を整えれば、EVの購入動機につながるかもしれません。

虫食いのようにEV用の駐車場が点在することになりそうですが、そこは電源の確保された災害時の避難場所となるでしょう。

いずれにせよ、東京都の手だてがどんなものになるか今から楽しみです。

(2018/04/26)

リンク:(全国軽自動車協会連合会 - 統計資料)

年度末決算を過ぎ、販売倍数が少なくなる4月ですが、ミニキャブ・ミーブは、2016年が9台、2017年は19台であったのに対し、2018年は21台ですから商用車にはわずかながらも底堅い需要があるようです。

アイ・ミーブの軽自動車版は、わずかながら在庫車があったようです。ミニキャブミーブ・トラックの販売実績も2016年3月の製造中止から、最終が2017年7月と1年以上かかりましたから、これからも一桁の台数でしばらくあるかもしれません。

アウトランダーPHEVは、新発売された「エクリプスクロス」の影響があったのか落ち込みました。

衣替えした「アイ・ミーブ普通車版」は、販売台数がわかりませんでした。日本自動車販売協会連合会のは毎月50位までしか発表されていません。普通車アイ・ミーブの販売数を掲載しているところをご存じでしたらお知らせください。お願いします。

2009年11月から2018年4月までの各車種国内販売総数(メーカー発表値)
  • 軽自動車(上の表中の青色)(2009年7月〜10月の記録なし)
  • 赤色
  • 緑色
  • 普通車(紫色

アイM軽

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

アイM普通

国内販売総数

10773

6674

42484

0

↓2018年度合計

2

21

167

0

03月
02月
01月
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
2 21 167 ?

(2018/03 アイ・ミーブ 10.5kWh Mグレード製造中止)
(ミニキャブミーブ・トラック掲載中止(2016/03製造中止)国内販売総数1018台

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2017年度合計

167

285

4951

3

03月
1531665-
02月
1226
576
-
01月2430585-
12月
1415343-
11月
2018235-
10月
1416237-
09月
1317568-
08月
1216293-
07月
10302801
06月
1332487-
05月
13354001
04月
7192821

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2016年度合計

145

205

3625

43

03月
14378464
02月
30
66
459
2
01月31111904
12月
216244-
11月
753114
10月
11
2
486
8
09月
2
4
(未発表)1
08月
7
3
151
3
07月
10
11
261
2
06月
1521
253
9
05月
10
20
174
3
04月
6
9
250
3
アイ・M
ミニキャブ・M
アウトランダーPHEV
M-トラックは2016/03をもって製造中止
↓2015年度合計

489

423

11840

126

03月
10
8
955
6
02月
39
71
1317
20
01月
31
23
801
6
12月
35
21
518
11
11月
23
27
814
8
10月
21
26
1145
4
09月
73
57
1896
15
08月
68
44
1313
9
07月
73
32
2383
9
06月
59
51
221
19
05月
38
45
289
14
04月
19
18
188
5

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2014年度合計

824

781

8629

181

03月
60
44
796
22
02月
82
52
603
25
01月
84
84
830
20
12月
70
57
608
22
11月
92
76
558
22
10月
102
93
538
18
09月
97
110
1450
6
08月
51
87
457
10
07月
102
124
700
4
06月
41
17
1300
14
05月
25
12
563
10
04月
18
25
226
8

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2013年度合計

1099

1006

8968

181

03月
130
124
736
30
02月
238
98
1630
16
01月
55
42
1298
17
12月
82
59
1488
9
11月
66
92
1705
9
10月
75
93
560
15
09月
95
137
772
21
08月
54
71
776
9
07月
68
93
-
14
06月
70
79
-
9
05月
62
71
-
7
04月
100
71
3
25

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2012年度合計

2205

2026

4304

436

03月
358
344
1719
269
02月
377
317
2079
167
01月
79
58
506
48
12月
137
121
11月
189
133
10月
141
128
09月
212
197
08月
86
107
07月
157
200
06月
288
256
05月
142
134
04月
39
31

アイ・M

ミニキャブ・M

↓2011年度合計

2552

1927

三菱発表 2012/03
国内外 累計:26000

03月
117
123
02月
446
590
 
 
01月
341
467
 
 
12月
359
747
 
 
11月
326
MINICAB-MiEV
12月販売 
 
 
10月
244
 
 
 
09月
340
 
 
 
08月
207
 
 
 
07月
61
Mグレード販売
 
06月
40
 
 
05月
34
 
 
04月
37
 
 

アイ・M

 

 

↓2010年度合計

2542

 
 
03月
102
震災
 
 
02月
321
 
 
 
01月
219
 
 
 
12月
164
 
 
 
11月
172
 
 
 
10月
179
 
 
 
09月
277
 
 
 
08月
221
 
 
 
07月
383
 
 
 
06月
390
 
 
 
05月
53
 
 
 
04月
61
個人販売
 
 

アイ・ミーブ

 
 
 

↓2009年度合計

748
 
 
 
03月
101
02月
151
01月
188
12月
145
11月
163
(これより以前のデータはなし。「(アイミーブ)」は2009年7月23日から法人販売)

↑このページのトップヘ