ドケケンニュース」は、EVオーナーズクラブ(Kekkon)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

経済産業省は30日、「」を新たに設置すると告知しています。

世界的な「EVシフト」や「自動運転」開発が進む中で、とりあえず夏までに政策への提言をまとめるそうです。ただし、マスコミは(2018/03/30)などと報じていますが、経産省のニュースリリース概要には、電気自動車の「電」の字もありません。トヨタなどの燃料電池車も意識してのことなのでしょう。

省内の概要説明の中でドケケンや燃料電池車といった次世代自動車の開発・普及が中心テーマ」とあったと思われ、それが「日本版EV戦略」取りまとめとの見出しになったものと考えられます。

すでに「EVシフト」が進みつつある中で、今さら政策提言もなかろうと思いますが、普及のために政府として後押しするための環境整備、たとえば超小型EVの規格づくりなどは、すぐにでもできることでしょう。また、毎年のように減額されるは、普及のてこ入れとして今しばらくは必要でしょう。さらに、充電インフラを維持するために、充電器設置者への補助金だけでなく、維持費へも何らかの補助があっても良いのではと思います。


この会議では、「世界のイノベーションをリードし、環境問題や渋滞問題などの解決に積極的に貢献していくための戦略」を検討するそうですが、事務方が作っている検討リストの中には、ドケケン」と「太陽光発電」とを結びつける案も含まれているとの情報を得ました。

具体的には、「太陽光発電」をすでに導入していたり、これから「太陽光発電」を設置しようとする人がドケケン」を購入する場合には、現在出ている補助金にさらに割り増しして補助金を出すというものです。また、その逆でドケケン」に乗っている人が「太陽光発電」を設置しようとする時にも、「太陽光発電」設置補助金が割り増しされます。

これは、2019年を前に電気自動車の中古車が売れる?(2017/11/09) に書いたように、一つには「2019年」にFIT(固定価格買取制度)による太陽光発電の買取期間10年間を終えるからで、電力会社へ売られていた約50万世帯の約200万キロワットが自家消費にまわるようになると見込まれています。これの受け皿として、メーカーでは「 」 のようなシステムで蓄電池増設を提案してきていますが、動く蓄電池であるドケケン」をそれに置き換えれば、たとえその10パーセントの世帯が電気自動車を購入したとしても、いっきに5万台の需要が創出されるからです。

一つには、日本のエネルギー政策とも関わっており、電気自動車オーナーが売電ではなく最初から自家消費する目的で太陽光発電を導入すれば、電力網に負荷を掛けることなく、再生可能エネルギーの割合を増やすことができるからです。再生可能エネルギーの割合を今より増やすことは、石油などエネルギー資源の多くを外国に頼っている日本にとって、安全保障上も重要な課題です。

また、EVのデメリット (2013/06/29)に書いたように近いうちに起こるとされる東海・東南海・南海地震など大災害時には,沿岸部にある多くの火力発電所(2013年時点で6割)が停止することが予想され,その場合の電力不足を補う手段として、太陽光発電はもとより電気自動車もバックアップ電源として位置づけられることが求められています。こちらは生活の安全保障として重要な取組になるでしょう。

なお、この政策はコードネームを「三方よし」としているそうです。

「三方よし」とは、「売り手よし、買い手よし、世間よし」のことであり、「世間」には『環境』も含まれています。

(2018/03/29)

リンク:(全国軽自動車協会連合会 - 統計資料)

12月には、「来春にアイミーブを軽自動車から普通車へ車格を上げるそうですから、今後12月から年度末にかけて駆け込み需要はあるかも」と書きましたが台数は増えず、昨年同月よりもさらに減りました。やはり販売末期です。ディーラーに実車はなく、売る気は感じられませんから仕方ありません。

その点、ミニキャブ・ミーブは低空飛行ながら何とか維持しています。昨年度と比べると少ないですが、商用車には底堅い需要があるようです。ガソリン車と比べると維持費は格段に安いのですから、もっと売れても良いのですが、こちらも売る気は感じられません。


2009年11月から2018年2月までの各車種国内販売総数(メーカー発表値)
  • (上の表中の青色)(2009年7月〜10月の記録なし)
  • 赤色
  • 緑色
  • ミニキャブミーブ・トラック(紫色)(2016/03製造中止)

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

国内販売総数

10756

6622

41652

1018

↓2017年度合計

152

254

4286

3

03月




02月
1226
576
-
01月2430585-
12月
1415343-
11月
2018235-
10月
1416237-
09月
1317568-
08月
1216293-
07月
10302801
06月
1332487-
05月
13354001
04月
7192821

 

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2016年度合計

145

205

3625

43

03月
14378464
02月
30
66
459
2
01月31111904
12月
216244-
11月
753114
10月
11
2
486
8
09月
2
4
(未発表)1
08月
7
3
151
3
07月
10
11
261
2
06月
1521
253
9
05月
10
20
174
3
04月
6
9
250
3
アイ・M
ミニキャブ・M
アウトランダーPHEV
M-トラックは2016/03をもって製造中止
↓2015年度合計

489

423

11840

126

03月
10
8
955
6
02月
39
71
1317
20
01月
31
23
801
6
12月
35
21
518
11
11月
23
27
814
8
10月
21
26
1145
4
09月
73
57
1896
15
08月
68
44
1313
9
07月
73
32
2383
9
06月
59
51
221
19
05月
38
45
289
14
04月
19
18
188
5

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2014年度合計

824

781

8629

181

03月
60
44
796
22
02月
82
52
603
25
01月
84
84
830
20
12月
70
57
608
22
11月
92
76
558
22
10月
102
93
538
18
09月
97
110
1450
6
08月
51
87
457
10
07月
102
124
700
4
06月
41
17
1300
14
05月
25
12
563
10
04月
18
25
226
8

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2013年度合計

1099

1006

8968

181

03月
130
124
736
30
02月
238
98
1630
16
01月
55
42
1298
17
12月
82
59
1488
9
11月
66
92
1705
9
10月
75
93
560
15
09月
95
137
772
21
08月
54
71
776
9
07月
68
93
-
14
06月
70
79
-
9
05月
62
71
-
7
04月
100
71
3
25

アイ・M

ミニキャブ・M

アウトランダーPHEV

M-トラック

↓2012年度合計

2205

2026

4304

436

03月
358
344
1719
269
02月
377
317
2079
167
01月
79
58
506
48
12月
137
121
11月
189
133
10月
141
128
09月
212
197
08月
86
107
07月
157
200
06月
288
256
05月
142
134
04月
39
31

アイ・M

ミニキャブ・M

↓2011年度合計

2552

1927

三菱発表 2012/03
国内外 累計:26000

03月
117
123
02月
446
590
 
 
01月
341
467
 
 
12月
359
747
 
 
11月
326
MINICAB-MiEV
12月販売 
 
 
10月
244
 
 
 
09月
340
 
 
 
08月
207
 
 
 
07月
61
Mグレード販売
 
06月
40
 
 
05月
34
 
 
04月
37
 
 

アイ・M

 

 

↓2010年度合計

2542

 
 
03月
102
震災
 
 
02月
321
 
 
 
01月
219
 
 
 
12月
164
 
 
 
11月
172
 
 
 
10月
179
 
 
 
09月
277
 
 
 
08月
221
 
 
 
07月
383
 
 
 
06月
390
 
 
 
05月
53
 
 
 
04月
61
個人販売
 
 

アイ・ミーブ

 
 
 

↓2009年度合計

748
 
 
 
03月
101
02月
151
01月
188
12月
145
11月
163
(これより以前のデータはなし。「(アイミーブ)」は2009年7月23日から法人販売)

3月21日(水曜日・祝日)に横浜市で行われた「」へ参加し、翌日・22日に横浜から滋賀県まで移動した約420キロ復路の記録です。 

滋賀から横浜への往路(2018/03/27)

前泊した20日に最後、横浜・で普通充電をしておきました。駐車料金はかかりますが、1時間の充電料金は無料です。ただし、1時間充電しようとすると駐車料金は昼間400円かかりますし、精算機までの移動時間分も加えると合計で500円かかりますから、展示会場で電源車として出力することも考えて充電しましたが、効率としては高いものとなりました。

〈馬車道地下駐車場・普通充電〉 
充電容量:?kWh 
充電率:70%→92% 
充電時間:60分(無料・駐車料金500円)


「」当日の様子は以下のリンク先をご覧ください。

(2018/03/22) 

往路は8回でしたが、復路は以下の6箇所で充電をしました。今回初めて足柄SAでが充電しているところと出合いましたが、ここは2基設置してありますから充電に問題はなく、行きと同様、帰りも一度も充電渋滞に巻き込まれることはありませんでした。

充電器の設置予定(2017/05/07)では、「高速道路のサービスエリア」に150キロワットの急速充電器(2017/03/29)を「年内」に設置する予定と書きましたが、その気配はないようです。

〈新東名高速道路・海老名SA下り・100A〉
充電容量:4.1kWh
充電率:54.5%→89.5%
充電時間:12分(144円)



海老名SAから足柄SAまでは登りですから電気を消費し、足柄SAで充電を行いました。海老名SAと足柄SA間は50キロほどしか離れていませんが、搭載する電池が10.5kWhと少ないアイミーブMグレードでは仕方ありません。その代わり、充電時間は14分とトイレへ行ったらなくなる時間です。

〈新東名高速道路・足柄SA・100A〉 
充電容量:6.5kWh 
充電率:37%→90% 
充電時間:14分(168円)

(写真にあるように前日の雪が残っていました)


清水PAと静岡SA間は約28kmしかありませんから、清水PAをとばして静岡SAへ向かうという手もあったのですが、清水PAが空いていたのでチョイ足し充電を行いました。できるところでのチョイ足しは、電池容量の少ないMグレードでは、長距離を走る場合の重要なノウハウです。
ここ清水PAで十分充電できれば、次の静岡SAを一つとばして約85km先の浜松SAまでとどくことを経験から得ていますので、時間がかかってしまいますが無理をして94パーセントまで充電しました。

〈新東名高速道路・清水PA・125A〉 
充電容量:5.5kWh 
充電率:49.5%→94% 
充電時間:10分(120円)

(充電前、充電コードは伸びたまま放置してあった。車にふまれると故障の原因になる)


今回移動の最長区間は、清水PAと浜松SA間の約85kmでしたが、余裕をもって浜松SAに入ることができました。速度は75から80キロほどですから電気の温度も上がっておらず、125Aで短時間に充電することができたのですが、昼食をとっている間に電気がいっぱいになり、20分たって戻ったときには自動終了していました。

〈新東名高速道路・浜松SA・125A〉 
充電容量:8.8kWh 
充電率:26%→99.5% 
充電時間:20分(240円)



〈新東名高速道路・岡崎SA・102A〉 
充電容量:(不明)kWh 
充電率:42%→97.5% 
充電時間:15分(180円)



岡崎SAで十分充電することができたので、上郷SAはパスし、尾張一宮PAで最後、復路で6回目の充電を行いました。
前回、尾張一宮PAで充電容量が足りなかったミスをしたので、今回は余計に充電しました。
なお、ここの充電ガンは、ロックを外す部分が劣化していたためか、何度か接触不良でエラーがでて充電が始まりませんでした。充電器に書いてある連絡先に不良箇所の改善を連絡しておきました。

〈名神高速道路・尾張一宮PA・100A〉 
充電容量:5.75kWh 
充電率:46.5%→93.5% 
充電時間:13分(156円)
(写真なし)

復路の充電総時間:84分(馬車道地下駐車場は除く)
復路の充電料金:1008円

往路は8回充電したのに80分でしたから、浜松SAでの充電などが充電時間を長くしてしまいました。

(帰宅時の燃費マネージャーの記録)

(2018/03/26)

日産は、リーフの使用済みバッテリーを再製品化し、有償で交換するサービスを開始すると発表していました。

日産や三菱は、今までも駆動用バッテリーにには、無償で修理・交換といった保証を設けていましたが、今回のものは、そういった条件を満たさなくても、お金さえ払えば再生品か新品かを選んで交換してもらえるというものです。

その再生バッテリーを提供するは、電気自動車で使用されたリチウムイオンバッテリーのを2010年から行ってきており、有償交換サービスをやろうと思えばもっと早い時期にできたのでしょうが、リーフ当初の24kWh、改良された30kWh、新型の40kWhと販売台数も積み上がると同時に、中古車も大量に出回るようになったために、中古車価格の下支えという意味もあるようです。

3月27日現在、の掲載台数は851台です。そのうち車両本体価格(支払総額ではない)100万円以下のものは457台で、60万円以下のものは113台です。最低の価格は35万9千円です。支払総額の最低価格は53万3千円です。

ちなみに充電器の検索サイトGoGoEVが2018年1月8日に書かれている「」によると、同じカーセンサーでの掲載数は934台と現在と比べて80台ほど多く、最低の価格は35万9千円と同じでした。(一部加筆)

リユースバッテリーの価格は24kWh:30万円となっています。なお、30kWhや40kWhグレードは今後再販の予定をしているそうです。

ちなみに、新品バッテリーも同時に提供され、24kWh:65万円、30kWh:80万円、40kWh:82万円だそうです。

2011年式の中古車は、支払総額でも60万円以下というのが多いですから、そういった中古に再生バッテリーを積み替えて100万円以下で販売すれば、売れるのではないでしょうか。

 
(画像:日産ニュースリリースより引用)

 (2018/03/26) に「中古のリーフから充電池を回収して・・・状態が良いものを選んで再度、リーフ向けに組み立てる」と再生方法が書いてありました。

(2018/03/27) に「性能の劣化が少ない状態の良い電池モジュールを再利用するもの。性能は、新車時のおよそ8割程度を確保できる」とありました。

(2018/03/27) に「中古電池の航続距離は、新品の9割近くに達するようだ」とありました。

3月21日(水曜日・祝日)に横浜市で行われた「」へ参加し往復しました。まずは前泊した20日に滋賀県から横浜までの約420キロの往路の記録です。(両日とも暖房や冷房は使用していません)

平日に移動したためか、滋賀県から以下の8箇所で充電しましたが、一度も充電渋滞に巻き込まれることはありませんでした。

そのことよりも、420キロの距離になぜ8回も充電が必要かを疑問に思われるかもしれません。この点については、滋賀から小田原への往路(2017/05/18)で触れていますのでご覧ください。急ぐ旅ではありませんので、充電を重ねつつゆっくりですが、各回平均10分間しか充電していません。

往路の充電総時間:80分
往路の充電料金:960円

アイミーブMグレードに後付けしているを使って時速80km前後で走っていますが、ちょうど都合の良いペースメーカー車がいた場合には、時速75km前後で走っています。また、充電料金は、三菱の充電カード「ベーシックプラン」月額540 円(税込)を使い1分間12円です。

北陸自動車道から名神高速道路へ合流、まずは養老SAで充電しました。(たかだか40kmあまりで充電する理由は滋賀から小田原への往路にあります)

〈名神高速道路・養老SA・100A〉
充電容量:3.7kWh
充電率:61%→90.5%
充電時間:8分(96円)



尾張一宮PAでもチョイ足し充電をしました。
今回は往復とも、充電に時間がかかるようになる目安、90パーセント前後で止めています。

〈名神高速道路・尾張一宮PA・110A〉
充電容量:2.87kWh
充電率:66.5%→89.5%
充電時間:6分(72円)
(写真なし)


尾張一宮PAで充電することができたので、一つ先にある上郷SAをパスし、次は充電器が2基あるために空いている可能性が高い岡崎SAへ寄りました。
岡崎SAの充電器は50kWですから充電時間は短いです。90パーセントを越えたために課金機で「ストップ」の操作をしたのですが、本体がなかなかストップせず92.5までいってしまいました。

〈新東名高速道路・岡崎SA・125A〉
充電容量:(未記載)kWh
充電率:36%→92.5%
充電時間:13分(156円)



充電時間を短くするためには、バッテリーの温度を上げないことも重要です。そのために速度は75キロから80キロで走ることにしています。この日は暑くない日でしたから、高速での最終充電場所の海老名SAでも電流値は100Aでした。

〈新東名高速道路・浜松SA・?A〉
充電容量:5.2kWh
充電率:48.5%→90.5%
充電時間:9分(108円)
(写真なし)


静岡SAでは、アイミーブMグレードの電池容量10.5kWhの半分以上を入れましたが、充電時間は13分しかかかっていません。

〈新東名高速道路・静岡SA・125A〉
充電容量:6.2kWh
充電率:40.5%→92%
充電時間:13分(156円)
(写真なし)

静岡SAで入れることができたので、27キロしか離れていない清水PAはパスしました。
次の駿河湾沼津SAでは、昼食をとっている間につい時間を使い過ぎてしまい、94パーセントまでいってしまいました。
トイレ休憩だけなら10分でちょうど良いのですが、このように食事となるとゆっくり食べていられません。NEXCOには、ゆっくりと充電する普通充電器も併設して欲しいとお願いしていますが、高速路道路上は『経路充電』だから『急速充電』のみだと取り合ってもらえません。想像ですが、整備計画の部署には電気自動車オーナーがいないのでしょう。

〈新東名高速道路・駿河湾沼津SA・?A〉
充電容量:6.2kWh
充電率:43%→94%
充電時間:13分(156円)

(食事後戻ってきたら、地面に「EV」と書いてある電気自動車待機スペースにガソリン車がとまっていた)


大井松田ICから先は未開の地です。東名高速を降りる横浜町田ICまで急な上り坂があるわけではありませんが、初走行ということで以前に寄った足柄SAはとばして鮎沢PAに立ち寄りました。

〈新東名高速道路・鮎沢PA・101A〉
充電容量:4.6kWh
充電率:54.5%→91.5%
充電時間:9分(108円)



最後は海老名SAです。
未開の地ですから横浜までの道路事情がわからず、つい入れすぎてしまいました。

〈新東名高速道路・海老名SA・100A〉
充電容量:4.1kWh
充電率:61.5%→94.5%
充電時間:9分(108円)


今回、横浜の街を車で走るのは初めてで、見知らぬ道を夜に走る勇気はないので、前日昼間に前のりしましたが、運良く8箇所ともどこも充電待ちには出会いませんでした。充電アプリ「」を見ていると今回の走行時間中、どこかで充電中「満」との表示が出ましたから、高速道路上を電気自動車が走っていないわけではありません。ですから運が良かったこともありますが、新型リーフのような電池容量の大きな電気自動車が増えると充電回数は減るので、私のような少量ユーザーにとってはありがたいことかもしれません。

なお、テレビ神奈川で「」の様子を伝えていました。

(2018/03/21)

↑このページのトップヘ