2007年より気になった電気自動車関連のニュースを、コメントとともに書きとめています。

リンク: .

リーフとプリウスPHV、2種類の代表的エコカーに、どのような違いがあるのかをチェックしてみた

プリウスPHVと普通のプリウスとの価格差は、約88万円ですが,4月20日より申請受付が始まった(45万円)を使うとその差は43万円でしかありません。ガソリンを使わない距離で乗ることが主であれば,お買い得でしょう。

しかし,このような車のWebでも調査不足は明白です。

最大のハードルは、購入時に家庭用の充電設備工事が必要な点だ。現実的には、車両を購入したディーラー経由で、トヨタホームとミサワホームイングの各支店が取り付けを行うが、最も安い専用コンセントの価格は9万5000円(税別・工事費込み)

うちの場合は,コンセントまで線を引き回す距離が長くなったためと余分な機器を付けたために工事費は約8万4千円かかりましたが,コンセントとブレーカーだけなら電気工事店に頼んだら9万5000円の半額以下でしょう。ですから,コンセント工事はディーラー経由ではなく,個人で近所の所に頼みましょう。

リンク: .

2015年までに50万台を目標としている中国が、その後の5年間で、一挙に10倍ものEVとPHVを普及させるという野心的な構想

3年連続で世界最大の新車販売台数を記録している中国ですから,ガソリンを極力使用しない車も模索しないと将来,深刻なガソリン不足に陥りかねません。そういう意味では,『野心的』という構想ではなく『現実を見据えた』構想といえるかもしれません。

リンク: .

Ecoは、同社製アダプターの従来機種と比較して約1/10の低消費電力化を実現

EV側でのLANコンセントがどのようなものになるか興味あるところです。接続速度が速く価格的にほどほど安くないと,無線LANの方を選ばれてしまうでしょう。

↑このページのトップヘ