ドケケンニュース」は、EVオーナーズクラブ(Kekkon)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

(2018/04/20)

購入への補助金(2018/04/13)に書いたように、から、新しい電気自動車などを買うときの補助金(CEV補助金)の申請受付を4月20日(金)より開始したと出ていました。

補助額の計算方法は昨年度と同じようで、それぞれの額は同じで、改修アイ・ミーブは164,000円でした。電気自動車の上限は400,000円です。

「」

なお、対象となる車両の登録日は、2月1日(木)以降に初度登録した車両で、2月1日(木)から4月27日(金)の間の初度登録車両だけは、補助金申請期限が6月30日(土)となっています。また、個別車両ごとの補助金交付申請書の提出期限が決まっていますので、ご注意ください。



今回の開始で注目していたことは、補助金の制度設計が変更されているかでしたが、結論から言うと、何ら変わっていませんでした。

電気自動車への補助金額は、その一充電航続距離に比例しています。たとえば、三菱 ミニキャブ・ミーブ(電池容量10.5kWh) は一回の充電で100km走りますから10万円が、ミニキャブ・ミーブ(16.0kWh) は150kmですから15万円が補助されます。

しかし、プラグインハイブリッド車(PHV)は一充電航続距離に関係なく、一律に20万円補助されます。たとえば、トヨタ プリウス PHV(8.8kWh)はEV走行が68.2kmとミニキャブ・ミーブ(10.5kWh) の100kmより少ないですが、倍の20万円も補助されます。プラグインハイブリッド車は、エンジンとの組み合わせのため電池容量が少なく、一充電航続距離は少なくなりますが、それにもかかわらず、で20万円が支出されています。

何度も書きますが、補助金受付は5月29日(月)頃から(2017/05/12)に示したように「クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」の事業目的は「CO2排出量の削減」であり、日本において「世界に先駆けてクリーンエネルギー自動車の市場を確立」することです。 にもかかわらず、プラグインハイブリッド車よりも一充電走行距離が長いドケケン」への補助金が少ない制度では、その設計自体が間違っています。 このような「目的」と「具体的な中身」との整合性がとれない政策では、えこひいきしたプラグインハイブリッド車は買われても、広い意味での「次世代自動車の普及を促進」は望むべくもないでしょう。

先の4月18日、ようやく日本でも経済産業省が「日本版EV戦略」を策定する会議を始めましたから、補助金にもすぐに反映されるのかと期待しましたが、あては外れました。お役所仕事では、早くても来年度からになるのでしょう。その間に、ますます世界において行かれるとも知らずに。


(2018/04/17)

とは、太陽光パネルと電気自動車(e-NV200)、電気自動車のとを結びつけた新型蓄電池システムを「みらいの工場」プロジェクトとして開始したと告知しています。

発表によると、このプロジェクトに使われているリユース蓄電池の容量は約400kWhで、「リユース蓄電池パック24台分を搭載」と書かれていますから、400/24で1台分の電池容量は約16.7kWhとなります。

日産は、「リーフ」の使用済みバッテリーを再製品化し、3月から24kWhバッテリーの有償交換サービスを開始していますが、車の方は劣化が少ないセルを抜きだしてリーフ用として発売しています。

今回のプロジェクトでは、このリーフ用には使えないさらに劣化が進んだバッテリー(16.7割る24は約69パーセント)が使われているのでしょう。

(2018/04/17)




(2018/04/17)

(2018/04/06)

(2018/04/20)

日産は、発表した中期計画「Nissan M.O.V.E. to 2022」の中で、2022年度末までに、新型電気自動車3車種とe-POWER搭載車5車種を国内市場に投入するとしていました。

それ以上の詳しい内容はありませんでしたが、「新型・電気自動車3車種」とは、「リーフ」と「e-NV200」がある現状からすると、2車種は「ノート」サイズの「コンパクトカー」と「エクストレイル」サイズのSUV、最後の1車種は「デイズ」サイズの軽自動車ではないでしょうか。

軽自動車EVは、アイ・ミーブのクラス替えにより軽サイズEVがなくなったために、個人的な希望です。

この点について、レスポンスの記事「」によると発表会の中で、軽EVは「2020年台初め頃」に、他にはクロスオーバーSUVがEVになるとしていました。
(もありますから、2019年後半から2020年前半ということなのでしょう)

(画像:日産デイズのHPより引用)

日産と三菱の軽EV(2017/12/26)

(2018/04/20)

三菱自動車は、『』を一部改良し4月19日から販売すると告知しています。
5195-1
大きな変更は以下の3点です。
  • フロントバンパーの全長が拡大したことで、軽自動車から普通車(小型車)に(4人乗りのまま)
  • 駆動用バッテリー温度が高い状態で急速充電をした場合、充電時間が長くなることを知らせる機能採用
  • 電池容量10.5kWhの「M」を廃止し、16.0kWhの「X」のみに
次世代自動車振興センターから出る購入補助金は毎年のように計算方法が変わっていますから、4月20日頃から申請を受け付けるという今年度の補助金額がいくらかになるかは確かではありませんが、一充電走行距離は172kmから164kmに減っていますから、それを元に算出されている補助金も減ることは間違いないでしょう。(172,000円から164,000円に) 

車両価格は上がったのに補助金は減るなどデメリットの多い、悲しい運命の車です。他は「軽」のアイミーブを、Mグレードを買うなら今しかない(2017/12/13)をご覧ください。

(2018/04/17)では、ドイツ鉄道で使用されている電気自動車「」を紹介しています。

下の写真を見れば分かるようにこれはアイ・ミーブのOEM車で、2009年11月に発表されており、今も健在のようです。記事中の「まだデザインの古さはない」という部分は泣かせてくれます。

海外で活躍するアイ・ミーブ(2018/04/17)に書いたように、このようにしてまでアイ・ミーブを生産終了にせずにラインナップに残しているのは、海外戦略のカードに使うことができるという算段があるからかもしれません。
(画像:より引用)

すくいは、(2018/04/19)したことでしょう。これは、現在乗っている『アイ・ミーブ』や中古車でも利用することができるそうです。

(加筆)
今回の件に関して、 のような記事が見られましたが、軽規格のキャブオーバーバン型であるはそのまま販売されており、「軽の電気自動車が消えた」というのは誤りです。正しくは、「軽の乗用電気自動車が消えた」でしょう。


もう一台、(2018/04/19)にあるように、日産「e-NV200」が新型リーフのように40kWhのバッテリーとなり、一充電走行距離も300km(JC08モード)と伸びています。
個人的には、100Vを取り出すことができる「パワープラグ」が標準装備になったことがプラスです。

ただし、発売予定は12月となっています。また、価格もそれなりにはなりますが今後、新型リーフのようにバッテリーが60kWhへ増量されるともウワサされていますから、さらに長い航続距離がほしい人は悩みどころでしょう。

なお、1年前には以下のようにワゴンが受注中止になっていましたが、今回から復活しています。
e-NV200ワゴンは現在お選びいただくことができません(2017/0405)

(2018/04/18)

中国政府は、自動車分野における外国企業の出資制限を、まず年内に電気自動車などで撤廃し、その他も2022年までに順次、撤廃すると発表したと伝えています。

他の記事でも触れられていませんが、一番に恩恵を得るのはテスラ社でしょう。中国に進出を決めたものの、「100%の自社資本、いわゆる「独資」の形態で中国国内での子会社設立にこだわっている」と伝えられ、進展していなかったからです。

(2018/02/21)

すでに合弁企業で事業をおこなっている外資にとって、今後出資を増やすことは、中国企業との関係をぎくしゃくさせるでしょうが、一から始めることになるテスラ社にとってはまたとないチャンスでしょう。 もちろん、テスラ社がアメリカ企業であることも中国政府にとって重要なのでしょうが。
(画像:テスラのHPより引用)

↑このページのトップヘ