ドケケンニュース」は、EVオーナーズクラブ(Kekkon)サイトへ情報提供しています。記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります。

2010年秋過ぎに(日産側の表現や各種取材を総合して10月中旬から11月上旬と筆者推測)

三菱i-MiEV、富士重工プラグインステラと比べると、電動モーター音、インバーター(直流から交流への切り替え装置)音が極端に少ない

モーター音がした方が電気自動車らしいという意見もあるかもしれませんが,せっかくエンジンがないのですから静寂な方がよいと思います。安全のため無粋なニセエンジン音を鳴らすという方向には行きそうですが,それでも元々ある機械的な音はない方がよいでしょう。慣れの問題もあるかもしれませんが,毎日乗る車では高音はいずれ耳障りになると予想します。

加速感そのものを表現すれば、同二車の「倍近く速い」印象

最大トルクに違いがあるのですから当然といえば当然でしょう。

日産テストカー(=リーフ)の出来は、他車に対して圧倒的にリードしている

日本でのリーフは2010年秋過ぎ、追浜工場で年産5万台規模で製造が開始される。2010年内に、日本、北米で発売

(ダイヤモンド・オンライン)(2009.10.23)



    京丹波の整備工場「環境保全に貢献を」

設置後7年でスタンドを利用した車は3、4台

基本的なインフラは整っている「電気」ですから,充電スタンド整備は始まれば早いでしょう。

電気車の内装と仕上げの水準は90年代序盤の国産車モデルと似ているという評価を受けた。 旧型サンタフェとデザインが似た5ドアタクシー(モデル名ZAPタクシー)は最高時速112キロで、リチウムイオンバッテリーを一度充電すれば160キロ 走行できると会社側は説明した。 価格は3000万ウォン(約230万円)程度

↑このページのトップヘ