アイ・ミーブの採算ラインを年3万台とし、黒字化は当分先とみていただけに、緊急値下げの業績への影響が懸念される。日産も、リーフの開発費は巨額で、EV事業の早期黒字化を不安視する見方も

価格競争は消費者にとってありがたいことですが,適切な価格設定も必要でしょう。