風切り音や空力に配慮した車体デザインを採用したリーフは、静粛性が1年前の試作車より大きく改善されていた。加速時にはわずかだが、「ヒューン」というモーター音が聞こえるようにしており、軽快さを演出

ラジエターが必要ない電気自動車なのに、前面ナンバープレート下に開口部があるのはなぜでしょうか?素人ながら専用車体ならもっと空力抵抗を低減できるような気がします。
また、事前予約者の例が示すように購入層の多くが年齢が高いことを考えれば、毎日「ヒューン」という音を聞くのは耳障りではないかと心配します。