日本機械学会は、過去に一度放棄された技術も再び必要になることもあることや、社会的な受容体制がなければ新技術も一時のブームに終わることを示す実物教材である、とたま電気自動車を評価