EVリースを利用する顧客が任意参加するコミュニティーを設立し、EVの使用で削減されるCO2排出量を三菱オートリースが集計、管理して取りまとめ、国内クレジット認証委員会の認証を受ける

コミュニティーを作ることができるのは,企業だけのようですが,個人でも参加できるとEV普及にも役立つのではないかと思います。
1台のCO2排出削減量では経済価値が低いでしょうから,どこぞのNPOでも全国から個人EV使用者を集約し,EVを利用することによって削減できる二酸化炭素の排出量を企業などに購入してもらい、その販売益をEV使用者に還元していくシステムを作ることができたら,二酸化炭素の排出削減に貢献していることをEV使用のメリットとしてアピールしていくことができるのではと思います。
(ちなみに下のリンク先ではCO2が1トンで1500円だそうです。ページには2000円とあるが昨年度実績では1500円)

(カナコロ)