タイヤの転がり抵抗低減によるエネルギー効率の向上を図ったのに加え、静粛性と安全性能を高次元でバランスさせた

走行距離の伸びはどれくらいなのでしょうか。