今後の環境車両開発に当たっては、電気自動車(EV)など電動車両から家庭に電力を供給するビークル・トゥ・ホーム(V2H)の考え方を取り入れていきたいと表明

(レスポンス)(2011年4月28日)

(レスポンス)(2011年5月13日)

各社とも同じようなことを述べ始めています。