電流は直流のため、家庭などに供給するには交流に変換する装置が必要となる。三菱は7月、日産は今月2日にそれぞれ、このための装置を発表した。現状では、装置が電気自動車の型番を認識したり、電流を流す速さや電池の残量を確認する通信方式などの規格が別々で、互換性がない。

があるのですから,もっと前から検討していたと思いたいです。日本国内でさえ規格がバラバラなら世界への道は開けないですから。