EVのエネルギー源は電気なので,上記の記事についてコメントです。

記事中に「8月後半の想定最大需要の3138万キロワット」とありますが,今年いままでに一番需要があると予測された7月14日でさえ関電の想定最大需要は3090万キロワットでした。この数値の根拠が不明で,本当に「厳しい」のか怪しいところです。

7月14日(木)6時29分,の表示をキャプチャーしたもの。下段が想定最大需要。

7月14日(木)22時43分,の表示をキャプチャーしたもの。(表示方法がこの日を境に変わっている)

ついでに言えば,上の画像を見れば分かるように1日のうちでも需要予測にあわせて発電量(下段)を調節しています。ですから毎日の電力量を比較する場合には,上段の「使用電力」を時間を決めて比較するべきで,分母である「供給電力」は毎日・毎時間で違うのですから70パーセントとかいう使用割合を前日と比較しても意味がありません。テレビなどで「今月80パーセントの日は何日ありました」なんて真顔で言っているのは,なぜなのか不思議でたまりません。

では当初上の画像のように「使用電力」など数値を同時に表示していましたが,です。わかりやすくしたつもりなのでしょうが,不親切と言わざるを得ません。

ちなみに「」では,「使用電力」など数値も発表しています。