とくにガソリン代は約25%を占め、HV車・EV車は高額だから、その分を燃料代で取り戻すことは難しい。渋滞のない道を走ることが多いなら、次世代ガソリン車の方がコストを抑えられると話した

以下のリンク先に示したように1年で10万円のガソリン代がういたり維持費が安くなったりすれば,ガソリン車との価格差を取り戻すことは難しいことではありません。ましてや10年後の下取り時にEVが搭載しているリチウム電池が家庭用常備蓄電池として使用されればそれに値段がつき,長期的に見てトータルでEVの方がコストを抑えられるかもしれません。

自身の研究面から産業構造を変えたくなくその視点から発言する学者がいることは当然でしょうが,消費者の視点からエコカーを選ぶなら総務省の家計調査に頼ることなく,実際に走り始めているEVが示す数値をもって比較検討してはいかがでしょうか。

<2011/08/26>

<2011/08/22>

<2011/08/09>