現在年10万台の生産能力を13年までに35万台に拡充する。15年には世界シェア25%以上を目指す

日本製のEVにも載ってくるかもしれません。安全性第一ですが,安いことも魅力的です。