「EVは環境負荷が低い点を訴求してきたが、最近はこれに加えて災害にも強いクルマといえるようになってきた。EVビジネスが想定より早く拡大しそうだ」

住宅用蓄電池の価格は、さまざまですが(ヤマダ家庭用リチウムイオン電池2.5kWhタイプ178万円)するそうです。i-MiEV Mグレードの場合、蓄電池の容量が10.5kWhで国の補助金を受けると188万円ですから「動く蓄電池」として考えるとお買い得です。

(復興ニッポン「電機大手が家庭用蓄電池 スマートグリッドへ布石」)