出かけたついでにで急速充電を行ってきました。以外での急速充電体験です。あらかじめ電話してから伺いましたが,いきなり駐車スペースに止めましたからびっくりされたかもしれません^_^;

今回はのとは別の急速充電器(同じ日産製)を試すのが目的ですから,バッテリー残量計は6目盛を残しての充電です。ここから85%までは約8分間でした。から,かかった時間割合はほぼ同じです。

ここからお約束(30分で525円)の2回目充電をお願いしました。ところが,店舗の方はバッテリーに負荷がかかるからすすめはしないと親切に話していただきました。しかし,95%までの充電時間を比較するのが目的ですので,それを承知の上でエンジニアの方にお願いしました。いままでこのにi-MiEVで充電にこられた方は何人かおられたようですが,追加充電を頼んだ人はいなかったのかもしれません^_^;

(追記:いろいろ調べてみたところ,日産が85%以上を勧めないのは,リーフのバッテリー容量である24kWhにi-MiEV(Gグレードで16kWh)と同じ30分での急速充電を行なっているため,リチウムイオン電池の劣化を心配するからのようです。ということは,急速充電に適応している?Mグレードはあまり大きな影響を受けないように考えられます。)

「」<2011/10/08>

日産リーフの場合は30分85%でもよいでしょうが,電池容量の少ないMグレードの場合は少しでも多く充電したいというのが本音です。また,30分525円という価格設定にもかかわらずMグレードのように8分で終了してしまえば,関西人としては?もったいない気もします。充電口を共通にした規格の急速充電器をEVのための社会インフラとして考えるのであれば,日産自動車に15分という時間設定があってもよいのではないかと思います。

結果,85%から95%までにかかった時間は6分でした。表示を見ると今まで以上に電流の値が小さくなっているので,これまで以上に時間がかかったのかもしれません。

彦根1回目85%→95% 3分 48A,彦根2回目85%→95% 4分 29A,今回敦賀85%→95% 6分 20A

今回はまた,充電器の前に張り付いていたので,パーセントごとの時間経過を記録しました。

85%→90%までは約2分,90%→91%までは約1分,91%→92%までは約1分,92%→93%までは約1分,93%→94%までは約1分,94%→95%までは約1分,という結果でした。この機種だけかもしれませんが,急いでいるときには90%までの充電がより効率的かもしれません。

(2011/09/19)