GSユアサ )

太陽電池で発電した電力をリチウムイオン電池に貯蔵し、蓄えた電力でEVを急速充電を行います。夜間や日照の少ない時は電力会社からの電力を利用し、リチウムイオン電池への充電が可能

このPV-EVシステムは,低圧受電(単相3線)で急速充電器を設置することができ,設備や保守が必要な高圧受電は不要となるそうです。ただ,急速充電器は19KWですし,太陽光電池パネルや設置費は価格に含まれていなくて1200万円します!