現在同社のEVは給電のみしかできないが、ソフトウェアの書き換えによって放電できるようになるため、給電装置の発売以降、すでに稼働しているi-MiEVも無料でソフトウェアの書き換えを検討しているという

楽しみなことです(^O^)