基本的にディスクブレーキをまったく使わずに減速できるようになったため、運動エネルギーの回生量を大幅に増やせました

このためバッテリー容量20kWhでありながら、JC08モード走行時で210kmと,日産リーフの24kWh,200kmを上回っています。
i-MiEV Mグレードの場合,回生量が多くなるBポジションでは,ディスクブレーキを使わずに大きく減速することができますが,減速と同時にブレーキランプがつかないために後続車に気をつけている必要があります。HONDAのはこの点,どのような連動をしているのか気になります。