リンク: .

バッテリーの下面を冷却するシステム。これによって、高速走行直後に充電を行なっても温度が上がりすぎず、充電をきっちり行うことができる。また長期使用時の耐久性においても、SCiB を単独で使う場合と比べても劣化をごく小さく抑えることができた

フィットEVと同じ充電池を使うi-MiEV Mグレードには,バッテリーを冷却するシステムが場所をとれずに省かれたため,高速走行直後の充電が十分でない場合があるようですが,フィットEVではそのあたりの対策を施しているようです。その他にもモーターの改良やエネルギー回生を増やす工夫,スマホ等の活用などが紹介されています。