リンク: .

2022年までに、米国企業が世界に通用する5名乗りの普及価格EVを量産できる体制を整える。現行比で50%コストを抑えたリチウムイオンバッテリーの開発や、1回の充電で最大300マイル(約483km)を走行

大きな声で言わないまでも10年後にはバッテリー価格は半額以下になっていることでしょう。