連休中,時間が空いたので以前から考えていた「琵琶湖一周」(通称ビワイチ)をしてきました。
家から琵琶湖の北をまわって大津市()へ向かうと90キロを越えてしまい,途中に標高200メートルほどの所もあるために,私のi-MiEV Mグレードでは,ぎりぎりたどり着けるかどうかと心配でした。もしするのならなどの200Vでの充電が安心のための条件でした。(逆回りでも同じ)

ところが4月下旬に中間地点の「」や「」にので,早速今回のビワイチとなったわけです。

琵琶湖の北で一番高いところは滋賀県長浜市西浅井町から高島市マキノ町へぬけるトンネルのあたりで標高200メートルほどです。この湖北あたりをのぞけば,琵琶湖の周りはほぼ標高90メートルから100メートルの間で平坦な道です。

まずは,「」をめざして自宅を出発しました。先に述べたように200メートルのピークを過ぎればほぼ平坦な道で,連休の中盤にあたるためか混雑もしていませんでした。また,滋賀県内の充電施設の取材も兼ねているため、せっかくの機会ですから距離的には「」のすぐ近くにある「」へ先に立ち寄りました。

は事前に日産のページで調べていたのでわかっていたけれど警備の人ぐらいいるだろうと,取材のための挨拶に事務所へ行きましたが本当に無人でした。ということは,本来なら充電料金525円払うべきところが無料になったと思うのですが,写真を撮っただけでその辺の注意書きがあったのかどうかは確かめていません。ともかく連休に出かける人のことを考えて,充電器を開放してくれていた日産に感謝します。

急速充電器は日産の新しいタイプのものでした。また,充電待ちの車のためにか,充電口は一つのようでしたが,駐車スペースが急速充電器の両側2つに別れていました。EVが増えてくればこのような形の配慮が必要でしょう。

次に「」へ向かいました。先に述べたように「」からすぐ近くの所にあります。

急速充電器はある程度距離をおいた点での広がりにこそメリットがあります。EVが増えてくればその選択肢が増えることはよいことですが,滋賀県のようにまだまだその数自体が少ないところではなおさら,どこの場所にあるかが重要となっています。琵琶湖の北部には急速充電器が数少ないですから,急速充電器のある滋賀県彦根市から高島市の今回の場所まで80キロほど設置されていないということは、走行可能距離の長い日産リーフや三菱Gグレードでは問題なくても,三菱Mグレードでは厳しい距離となり,「ビワイチ」のネックとなっています。私の場合には自宅である出発地点がその中間にありますから今回問題なかったですが,設置者の都合があるとはいえ,湖北地域の道の駅(3箇所有り)などにぜひとも設置してほしいものです。(計画されたところはあったようですが,なぜか中止になったようで,維持コストの問題もあるのでしょう。急速充電では高電圧の問題もありますが,「」のようにと思うのですが)

「」での充電器は施設内に併設されているコンビニのすぐ近くにありました。連休の中日でも駐車場は混雑していましたが,EVは待つことなくコーンの置いてある充電場所に後ろ向きで止めることができました。これもまだまだ数の少ないEVの特権です(^O^)

ただ,どこでも言われますが,一般の車がここに無断で止めてしまうことがあるそうです。

急速充電器は,この4月から滋賀県内で使用できるようになった3箇所とも同じでで,ここは出力は30kwの中速充電器でした。

充電する前に道の駅の案内所で受け付けをすると電話番号を聞かれました。最長30分間でお願いしているのだが,なかなか戻ってこない人がいるためとのこと,これからはEVにも充電マナーが求められます。また,ここは30kwの中速充電器ですから,あまり電気を減らした状態では,30分かけても十分に回復しないでしょうから,そこの所を考えて充電の計画を考えなければならないでしょう。

今回,Mグレードは7目盛減(電池残量は58パーセント)で残り時間表示は20分と出ました。その後,85パーセント(16目盛中,2目盛残す)で停止し,そのまま2回目の再充電をしようとしてもスタートしませんでした。リーフは85パーセント充電を推奨していますから,そのような設定にしてあるのだろうと思いましたが,翌日の「」では違ったので,改めて報告します。()

5月4日は私の前にもう1台EVが来たとのこと,4月下旬のオープンから4台が充電に来たそうです。充電スポットに登録されると,これからここは増えることでしょう。

次に琵琶湖の一番南側をめざして,」へ向かいました。休業日で営業していないことはわかっていましたが,写真を撮りたかったことと,これまたすぐ近くにある「」が「」と同じようにセルフで対応していると聞いていたからです。

ただ,南下するにしたがい渋滞が始まりました。帰宅する時間の都合があるので,計画を変更しの次に行こうとしていた「」へ直接向かいました。近江大橋を通るので,まあ「ビワイチ」といってもよいでしょう。

ここでも駐車場は混雑していましたが,EVの駐車スペースに並んで待つことなく止めることができました。充電器は,平面F駐車場(イオン1階イオン北入口前すぐ)に設置してあります。係の人の話によると,入口近くという便利な場所にあるので,すぐに一般車が止めてしまうそうで,警備の人が近くにいない場合は,サービスセンター(077-599-5000)に電話連絡して移動放送をしてもらうしかないようです。

この急速充電器は,「」と同じでですが,出力は50kwです。ですから電池残量は46パーセントでしたが,「」より短く残り時間表示は15分と出ました。(帰りの時間が気になっていたので,始動キーをONにしたままにしていて,最初はエラー表示が出てしまった^_^;)

ここでも,85パーセント(16目盛中,2目盛残す)で停止しました。Mグレードの「航続可能距離表示」は100キロと出ていましたから,十分帰り着くことができるとすぐに出発しましたが,カーナビを信頼して?回り道をしてしまったことと,お腹が減って買い物をするために回り道をしてしまったことで家にたどり着いたときには,残り「航続可能距離表示」は1キロでした。久しぶりに「カメ」マークを見ました^_^;

「ビワイチ」にかかった距離は166.4キロで,電気代は前日に充電した約90円,近江大橋通行料100円(軽自動車)でした。

(追記:急速充電器設置場所の最大距離は,彦根市と高島市安曇川間で約80キロです。リーフやi-MiEV Gグレードでは問題のない距離ですが,途中に標高差が100メートルほどある峠があることから,Mグレードでは厳しい距離です。ですが,では2回充電ができますし,でも95%充電が可能ですから,反時計回りでなら可能となるでしょう。)