リンク: .

シティコミューターとは、つまりのところ都市部での足グルマ。長距離を走るのではなく数キロないしは数10キロの距離の移動を電車やタクシーよりも自由度が必要な時に使うという用途である

こういう記事を読むと,いつまで「シティコミューター」にこだわっているのかと思います。なにも「都市部」にこだわる必要はなく,こうしたこだわりが商機を逸しているのではないかと思ってしまいます。

私の住む田舎町ではここ10年で5軒のガソリンスタンドがなくなりました。もっと山の方の町では,17時に閉店するガソリンスタンドが1軒(ともう1軒あった。後日修正)しかありません。もちろんバスなどの公共交通機関もありますが1時間に1本というのが普通です。

こうした場所で,多くを占める年配の者が長距離を走ることはまれですから「カントリーコミューター」にこそEVがふさわしいと思っています。ということで,しています。