リンク: .

仕組みがよくわかりませんが,2016年にがなくなることは確かなようです。そして,2012年までの補助金の仕組みを変えるそうです。(今年度までは,EVなどの定価と同じようなガソリン車との価格の差額の半分,つまりEVが400万円でガソリン車が200万円なら差額が200万円で,その半分の100万円が補助金)

日経によるとまず,補助金最終年の2016年の目標とする価格を設定します。その価格は,「車種ごとに燃料費など購入後の経費を加味したうえで、同格のガソリン車と同額にする」とのことですが,経費の算定は下に書いたように様々な条件がかかわってきますから,かなり難しいのではないかと思います。(日経ではリーフの各年度の目標価格を以下のように書いていますが,その根拠については述べていません)

ガソリン代は電気代に比べてえらく高いですし,今後の為替変動によって価格も大きく変わってくるでしょう。また,普通のガソリン車とHVとでは燃費も大きく違います。そして,ガソリン車はオイル関連のコストがかかりますがEVにはこれがない。ですから,長く乗れば乗るほど思った以上にガソリン車はコストがかかり,EVはコストがかからない。さらに,その車に何年乗るかの設定によって価格は大きく変動します。

計画では,2016年の目標価格から逆算して,2013年度から2015年度まで段階的に引き下げていくそうです。

のによるとリーフの「Xグレード」の定価は約358万円です。日経によると2013年度の目標価格は約332万円となるそうで,偶然にも^_^;先月に日産が値下げを発表した340万円にそったものです。下記の記事を書いた時には,値下げはアメリカの価格改定によるものと書きましたが,本当の理由は,4月からの補助金制度改定を知っていた日産が,制度を先取りして値下げしたということが真相かもしれません。

(2013/01/17)

日経によると2016年度の目標価格は約252万円だそうです。2013年の目標価格は約332万円で,先の日産の改定額のようにその目標は達成されそうですから,差額の80万円(332万円-252万円)が全額補助され,2013年度はリーフの「Xグレード」が約252万円で購入できるということになるかもしれません。(でこれが新年度は減らされるのではないかとうわさされていましたが,逆に増えることに!)

中古車価格はこの制度によってさらに下がるかもしれません。

(2013年02月03日)ECOカーアジア

i-MiEV の2016年度の目標価格がいくらになるかわかりませんが,リーフ「Xグレード」の目標価格が252万ならi-MiEV Gグレードも200万円ぐらいにはなるかもしれません。いずれにしても日産のような値下げに対応する発表が三菱から近いうちにあるでしょう。

(2013/01/28)

(2013/02/03)

この制度によって,ホンダやトヨタも動き出すかもしれません。