リンク: .

トヨタは,「eQ」を米国および日本国内において100台程度,プラグイン型のRAV4クロスオーバーを年間900台以下販売する目標を立てていると伝えています。

広いアメリカで走行距離の短いEVは,一部にしか需要がないのでしょう。しかし,米エネルギー省では,2015年までに米国内に100万台のEV(プラグイン・ハイブリッドを含む)を普及させる目標を立てているそうですから,どこかで転換点が来るかもしれません。(米エネルギー省では,としています)

以下の記事では,「業界では、水素を動力源とする燃料電池車の開発に注目」と書いていますが,アメリカならいざしらず水素スタンドの受け皿となるであろうガソリンスタンドが消防法の改正によりするといわれている日本では,インフラ整備は急速充電器以上に難しいものとなるでしょう。

リンク: .

アメリカでは,EV用充電インフラの整備により,2015年には現在の10倍に拡大するとの予測もあるそうです。以下のような記事もありました。

富士電機のこの急速充電器の規格が米国自動車技術会が採用すると決めているコンボではなく,チャデモなのは,現在のアメリカのEV事情を物語っているのでしょう。アメリカ工場で生産される日産リーフはもちろんチャデモ規格です。

リンク: .(2013年2月6日)

リンク: .(2013年2月6日)