リンク: .

「i3」は,炭素素材を多用して重量を300キロ近く軽量化したそうです。それでも航続距離が130キロメートルから160キロメートルということは,電池容量が少ないのでしょうか。

2014年上半期に販売を予定している日本では,充電に日本の方式を採用するようです。