リンク: .

日産は,小型商用車「e-NV200」と電気トラック「e-NT400」の紹介を行っています。

「e-NV200」の特長

・室内が広い
・荷室における電源供給機能
・多用途に使うことができる
・走行時の二酸化炭素排出量ゼロ
・加速性に優れる
・静粛性に優れる
・テレマティクスシステム(カーナビやGPSなどの車載機と移動体通信システムを利用した情報やサービス)を提供
・ランニングコストが低い

「e-NT400」の特長

・走行時のCO2排出量ゼロであることから,エンジン車の乗り入れが制限されているエリアにおいても走行可能
・低騒音であることから,深夜の時間帯でも運行しやすい
・ランニングコストが低い
・加速性に優れる
・欧州NEDCモードでの航続可能距離約140キロ
・60分間の急速充電で容量の80%まで充電が可能

リーフは30分で容量80%でしたから,60分で80%ということは,「e-NT400」の積むリチウムイオン電池は24kWhの倍の48kWhかもしれません。とすれば,200Vでリーフは8時間ですから「e-NT400」は16時間もかかるかもしれません。

この時間では現実的でないために,「e-NT400」を導入しようと思えば事業所に1台は急速充電器は必要になるかもしれません。