リンク: .

独ボッシュとGSユアサ、三菱商事はEV用の次世代リチウムイオン電池の合弁開発会社を設立し、営業を始めたと発表しています。

PHEVが売れている三菱自動車はそちらへ軸足を移し、EVは縮小方向と考えていましたが、2020年代に1充電距離を現在の倍とする電池の開発をめざしているそうですから、まだまだEVへの将来を見据えているのでしょう。しかし、気になった記述は「日本で生産している現行のリチウムイオン電池の欧州向け販売」というところで、日本でEVが売れ始めるまではじっと我慢というところなのでしょう。

リンク: .(2014/2/14)