リンク: .

リンク: .

FOMMは、大同工業、日本特殊陶業と開発を進めてきたインホイールモーター搭載の超小型EV『FOMMコンセプトOne』を開発したと発表しています。また、タイで製造・販売は2015年10月から日本円で100万円以下を目指しているそうです。

タイでの販売を目指していますから、超小型EVにありがちなドアがなくオープンということはなく、雨の日も安心して走ることができますし、オプションではありますが簡易クーラーがついているそうです。また、カセット式バッテリーによる家庭給電を基本としているために急速充電には対応していません。

将来、日本での発売もあるかもしれません。

リンク: .

リンク: .(2014/02/19)

(2014/02/19)大同工業

(2014/02/19)日本特殊陶業

リンク: .(2014/02/24)

100万円を切るのは、電池を切り離してリースにするからとのことです。