リンク: .

それぞれ別の急速充電方式をとる、、が、方式の統一化に向けた協議を進めていると英の新聞『』のニュースサイトが報じている点にコメントしています。
3社は、急速充電の方式の違いがEVの普及のネックの一つと考えていると書いていますが、少なくとも日本では普及を阻んでいる原因ではありませんから、世界でみたときの生産メーカー側の都合なのでしょう。

記事にはテスラの「スーパーチャージャー」をBMWと日産に採用してもらうために「密かに協議を進めている」としていますが、日本ですでにが整備され、対応のEVが普及しているなかで、これから「スーパーチャージャー」方式へ移行することは容易ではないでしょう。

それよりも、いずれ充電は非接触でできるシステムに変わっていくでしょうから、協議を進めているとすればどのような伝送方式にするかではないでしょうか。