リンク: .

三菱電機は、EV(電気自動車)と家とを結ぶ(Vehicle to Home)では世界で初めて、EVと太陽光発電システム(PV)、商用の3種類の電力を混ぜて使用できるEV用パワーコンディショナのモニター販売を7月31日に開始すると発表しています。

商品の特長として以下の3つを上げています。

  1. 「電力需給制御システム」により、EV・PV・商用電力を混ぜて使用可能
  2. 「シームレス充放電技術」と「自立運転時PV連携技術」により、世界で初めて停電時も安定した電力使用を実現
  3. 電力の使用目的や生活スタイルに合わせて選べる三つの運転モードを搭載

EV関連として特に注目すべき点は「1」のところで、日産「リーフ」に対応しているだけではなく、三菱の「MiEVシリーズ」にも順次対応する予定と当初から記載していることです。

「リーフ」に比べ販売数の少ない「MiEVシリーズ」にも順次対応するとしているということは、「2」のところで「停電時でもPVから家庭内への給電とEVへの充電」が可能としているように、EV と Homeとの相互充電・給電が今後重要なシステムに育っていくであろうと、三菱電機は考えているからなのでしょう。

モニターしたい気持ちはありますが、先立つものがないのは抜きにして、「仕様上、積雪・寒冷・塩害地域での設置は不可」だそうですから、住まいが日本海側の気候にある私の所に設置は難しいかもしれません。(設置条件は、周囲温度-10~40℃の地域とありますから、ぎりぎり可能かもしれませんが)

次世代自動車充電インフラ整備促進事業による補助金対象機種として申請中だそうですから、95万円からいくぶん購入価格はやすくなるでしょう。

(情報源は確認できていませんが、ネット上には補助金40万円と載せているサイトがありました)