リンク: .

トヨタ自動車の『プリウスPHV』が、ドイツ・ニュルブルクリンクのコースで698マイル/ガロン(約247km/リットル)の燃費を打ち立てたと報じています。

最初、タイトルだけを読んだときには、『プリウスPHV』の電池容量4.4kWhを増やした試作車で約247キロを走りきったものだと思いました。以下のような記事からも、いよいよトヨタもEVに触手を伸ばしてきたのかとも想像しました。

リンク: .

ところが、よく読んでみるとニュルブルクリンク北コースを平均車速約60km/hで「1周20.8kmのコースを、20分59秒かけて周回した」としか書いていません。その結果として、燃費は、698マイル/ガロンだったと発表したようで、それを裏付けるように「コースの1周 20.8kmのうち、モーター駆動のEVモードだけで走行できる区間があった」とも書いてあります。

ちなみに、『プリウスPHV』のとしていますから、「燃費247km/リットル」はほぼドイツの電気代だけで走った燃費(電費)なのかもしれません。