リンク: .

全固体電池が数年以内にリチウムイオンバッテリーに取って代わるかもしれないという記事です。

電解液の代わりに固体電解質を用いる「全固体電池」は、エネルギー密度がリチウムイオンバッテリー比で最大5倍、耐久性(寿命)もリチウムイオンバッテリーより格段に上だそうですから、実現されればEVの航続距離などの課題が解決に向かうかもしれません。

ただし、記事の中に「一般的にアメリカの自動車市場において、「300マイルを100ドルで(約500kmを1万円で)」という燃費が、ユーザーが本格的に電気自動車の購入を検討するラインだと考えられている」とありますが、「約500kmを1万円」ということは、1km20円ということですから、数字の間違いかもしれません。

(2012/06/29)では、約1.25円/kmでした。