リンク: .

テスラモーターズのマスクCEOのインタビューを載せています。

テスラは、フランチャイズのディーラーを通さず、直営店舗での販売を続けています。その理由は、日本の三菱や日産の予想外の販売不振を説明しているようでした。

EVであるがゆえに、商品の説明にはより多くの時間を割かなければならない。(自動車業界では)最も長い販売プロセスだ。一般のディーラーで扱うことになると、ガソリン車のほうが売るのが簡単なので、利害がぶつかってしまう。EVの利点を伝えようとすると、逆にガソリン車を悪者にもしてしまう。こうした矛盾を防ぎつつ、顧客との密なコミュニケーションを維持するには直販が不可欠だ

ガソリン車には必要のない説明を長々とする労力を考えれば、ガソリン車を1台売る商談の方が営業マンにとっては、はるかにやさしいでしょう。一充電の航続距離、急速充電場所や自宅での充電コンセントの設置などなど、ガソリン車を売っていただけの時よりも何倍も説明に時間をとられます。

良いものを作れば売れると信じていたにもかかわらず、おもわぬ壁にあたっているのが現状です。

マスクCEOが述べているように今は「大手メーカーに、“これが客の欲しがっているものだ”ということを示」している段階なのかもしれません。

ただし、急速充電器の普及や街を走るEVの増加を考えれば、「夜明けは近い」と考えています。