リンク: .

ホンダは、「高圧水電解システム」を採用したパッケージ型の「スマート水素ステーション」を、さいたま市東部環境センターに設置したと伝えています。

設置スペースが極めて小さく、工期も1日ですむなど導入コストが安く済み、環境センターのゴミ発電による電力を使って、水を電気分解してその場で水素を作るといった、エネルギーの地産地消を可能とするシステムでもある点はすばらしいです。

ただ、センターのゴミ発電による電力を電気分解に使うよりも、そのままEVに使ったほうが効率が良いのではと思ってしまいます。