リンク: .

(2014/10/04)は少しフライングだったようで、10月9日が正式な発売日だったようです。同日にアイミーブを紹介したページ .でも一部改良を告知しています。店頭に置いてあったカタログから価格等を引用したわけですから大目に見てもらいましょう。

リンク: .(2014.10.09)

他のメディアも含めて大幅な「価格見直し」と書いていますが、EVの元価格を引き下げるために国の補助金はこれからも年々が減っていくことが決まっていますので、今回の補助金減額に合わせてEV価格も下げてきたというだけのことです。ですから、補助金額以上に価格を低くしないと実質的に支払う額はあまり変わらないことになります。「」に書いたようにMグレードで1万7840円安くなったにすぎません。

ミニキャブ-MiEV トラックは、以前の価格を控えていなかったために実質いくら下がったかわかりませんでしたが、検索してみると下がったどころか逆に支払い価格は上がっていました。(2012年12月26日発売当初 139万8000円→2014年10月9日 約148万円)

リンク: .(2012.12.26)

ミニキャブ-MiEV トラックの販売数は、と、板金からすべて手作りしているかのようなEVですから、価格を下げたくても下げることができないのでしょう。

ミニキャブ-MiEV トラックは、魅力的なEVです。先日、森林ボランティアをしている関係で林業関係者の集まりに出ていましたが、私のi-MiEVに興味を持たれる方々が多数いらっしゃいました。発電機を準備することなく、i-MiEVのバッテリーから1500WのAC100Vを取り出すことができるからです。(メーカーオプションの急速充電機能装備車)

100Vを取り出すとなると、価格が約15万円もする「」を別に買わなくてはなりませんから、現時点では「」の値段もネックにはなっています。しかし、電気を取り出す需要が高まれば、アウトランダーPHEVには最初からコンセントが備え付けられていますから、2012年3月の発売当時から変わらない「」の価格や仕様はいずれ変わるかもしれませんし、オプションで100Vコンセント付きのミニキャブ-MiEV トラックも出るかもしれません。月に10台の販売数では、需要の高まりは望むべくもないでしょうが。(日産 は)

リンク: .

上記のリンク先に書かれているようにガソリン価格が高止まりしている今、ミニキャブ-MiEV トラックのベース車であるミニキャブ トラックとの価格差は約67万円でから()長く乗ればお得なEVです。ところが長く乗ればというところが課題で、近距離しか走らない軽トラで5万キロ走ることはまれかもしれません。また、維持コストが安いEVとはいえ、初期投資に安価なグレードの2倍近い金額を出すことできるかどうかは、ユーザーの意識・考え方によるでしょう。

この車をたくさん売るためには、その良さを身近なところ、いろいろな場所で見てもらうことが必要かもしれません。農業や林業、土木業など需要は十分にあると思うのですが、三菱としては積極的ではないようです。

リンク: .(2014.10.10)