リンク: .

ホンダが、超小型電気自動車(2人乗りのEV「」)を使った社会実験に力を入れる理由をスマートモビリティ開発室室長に聞いています。

可能性としての「家産家消」です。「地産地消」よりも小さな単位で、家で電力をつくり、家庭用の超小型EVで消費するという考えです。超小型EVの社会実験を行っている沖縄県宮古島市では、ガレージの屋根に設置したソーラーパネルで発電し、超小型EVに電力を供給して走ります。石油は一切、使いません

このような考え方は、すばらしいと思うのですが、「家産家消」するための道具が超小型EVでなくても良いと思います。窓のない「」では、雨や雪がふき込んでしまいます。