リンク: .

三菱自動車の益子会長は日産と共同開発()する軽EVを2017年にも発売する方針を明らかにしたと伝えています。

バッテリーを改善し現行の120〜180kmの1充電距離を伸ばすとともに、車両価格を大幅に抑える考えだそうですから、大いに期待が持てます。ただ、別ソースではしていますから、発売当初あたりにリース契約している人にとっては、そのつなぎをどうするか悩みどころでしょう。

電池性能の安定性とともに電池の量産体制がそろわないので2016年中には発売できないのかもしれませんが、大事な顧客を逃してしまうことにならないか人ごとながら心配です。

同日のインタビューだったとはいえ、「(2014/12/24)」に「日産と共同開発していると噂される次期軽EVの発表も近いのかもしれません」と書いた予想は当たりました。