リンク: .

信州大学繊維学部の杉本渉教授らが、メリットの大きいスーパーキャパシタの開発に成功したと報じています。

もともとは体内に埋め込む「除細動器」などのために開発されたようですが、電解液に有機溶媒等を使用していないために廃棄コストが低く、充放電時に化学反応を伴わないため、充電時間が短く放電出力が大きいという特徴を生かして、将来は電気自動車への応用も期待できそうです。

電気自動車における充電時間の長さは、燃料電池車やガソリン車とよく比較される点ですが、こうした電池の開発により、比較が無意味になる日も近いかもしれません。