リンク: .

カリフォルニア州では電気自動車の累計販売台数が、2014年8月に10万台を超えたと伝えています。

その原因として一番大きなものは、電気自動車が高速道路で「優先車線」を利用できる制度だそうです。その他にも電気自動車購入の際の補助制度と税金控除制度、電気自動車専用の電気料金プランなどが購入を後押ししているようです。

日本では「電気自動車1回の充電での航続距離は「50km以下」と認識」(.)のように正確な情報が認知されていない現状もあり、それを打開する情報伝達や試乗機会を増やすことも大切ですが、エコカー減税を拡大するなど購入するための動機付け、仕掛けがこれからも必要でしょう。(名案はないのですが)

加筆:ImanImさんより「職場へ充電コンセント」というアイデアをいただきました。

私も通勤手当をもらっていますが、それはガソリン車換算されたものですから、その何分の1しか使っていない電気代に申し訳なく思っています。電気自動車に乗っているだけで給料が増えているとも言えますが。(職場によってはハイブリッド車など車種に合わせて支給されているところもあるとは聞いています)

職場にガソリンスタンドを常設するのは現実的ではありませんが、200Vコンセントならすぐにでも低コストで設置できます。私企業などに設備費を直接補助することはできないかもしれませんが、何らかの方法で手当てすれば、電気自動車購入のインセンティブになり得るでしょう。