リンク: .

日産は、電気トラック「e-NT400テストトラック」の実証運行を、内で、2015年3月16日から開始すると発表しています。

とは、2014年10月1日から千代田区で行われている「」のことで、電動アシスト付き自転車をみんなでシェアして使おうという事業です。

このプログラムでは、いつも自転車が区内に均等に配置されているとは限らず、日産から貸与される「e-NT400テストトラック」を使って、自転車の再配置をしようというものです。

限られた地域内で運行する事業は、電気自動車にとってうってつけのものです。この運行コストはガソリン車よりも確実に低いのだから、電気自動車の普及には車両価格をいかに下げるかにかかっているのだけれど、いつまでも「実証実験」ばかりだと思うのは私だけではないでしょう。