リンク: .

開発者が「年内にも実用化に向けた試作品が発表されるのではないか」と話す「」は、製造設備コストが格段に安く、原材料を物に塗るだけで発電できるそうです。

こうした特徴を活かして数年後には、車体に「」を塗り、車体で発電した電気でバッテリーの電気を補った電気自動車が走るかもしれません。

移動時間以外は、長時間停車している自動車ですから、バッテリー量の一部でも補うことができれば、よりエコな車となるでしょう。