2015年4月10日に「」と書きましたが、その後補助金を申請し、以下のように4月28日づけで「補助金交付決定通知書」が送られてきています。

これに基づいて、給電器「」を注文し、草刈りなどに使用しています。

また、「」の支払いを現金で完了したので、下記の実績報告書を送付しました。いくらか値引きしてもらったので、上限の補助金額71,000円ではありませんが、それでも半額出してもらえるとはありがたいことです。(補助金は「確定通知書」が送られてきた後、私の口座に振り込まれます)

「」は、店頭表示価格154,080円(消費税込)ですから、税抜き価格は142,667円で消費税は11,413円です。税抜き価格142,667円の半額補助金が出るので、その額は71,000円ですが、税抜き価格142,667円から値引きしてもらうと、その分補助金も減ることになります。

(1)全体に共通の提出書類(シリアルナンバーを書き入れるなど注意事項が多いので記入要領をよくお読みください。以下の所に()書きで書いてもいます
  ①実績報告書(様式7-5)「給電器」用(欄外に「捨印」2カ所で合計3カ所押す、「印」は申請時と同じものでないといけない)
  ②課金装置または給電器の購入、および課金装置の設置工事代金の支払を証する書類(3種類必要)

ア.請求書のコピー(「現金」で支払った旨と税抜き価格、消費税を分けて書いてもらう必要があります。社印が必要)

イ.領収証のコピー(「現金」で支払った旨と税抜き価格、消費税を分けて書いてもらう必要があります)

ウ.納品書のコピー(「」には保証書がありません。シリアルナンバーは給電器の裏にあるシールに書いていますので、それを納品書に書いておく必要があります)

③設置工事の完了を証する書類

ⅰ.「給電器購入完了報告書」(様式8)(車両番号が見えるように給電器を接続している上の写真、給電器のシリアルナンバーの拡大写真です。パソコンで写真を加工して、文書に貼り込みました)

④取得財産等管理台帳・取得財産等明細表(様式11)(税抜きの金額を書く欄があります。様式が後から変更になり「住所」欄の下に車台番号「HA3W-○○○○○」を書いてほしい旨の電話が事務局からありました)

(2013/11/03)

(2013/11/10)

(2014/10/11)