5月17日・日曜日に行われました「淡路花博2015  EVアイランドあわじ札所巡り」に参加した報告です。

京都より南へはまだ行ったことがなく、使ったことのないSAの充電器もあったので、時間に余裕を持って朝5時に自宅を出発しました。

北陸自動車道から名神に入りまずは、多賀SAで充電しました。長距離を走り、電気を使いきってから時間をかけて充電するよりは、効率よく短時間で充電した方が結果的に早くたどり着くことができるからですし、今回淡路島へ向かう電気自動車が多ければ、充電待ちに出会う確率も高くなることから、場合によってはパスもできるように余裕を持って充電を繰り返しました。(時速85kmを目安にクルーズコントロールを使用して走行)

多賀SA
充電率:69.5パーセントから94パーセントへ
充電容量:3.4kWh
充電時間:7分間
電流値:125A

草津PA
充電率:48.5パーセントから93パーセントへ
充電容量:5.42kWh
充電時間:12分間

次の桂川PAは、とばしても良かったのですが、充電したことがなかったので立ち寄りました。

桂川PA↓
充電率:74パーセントから95パーセントへ
充電容量:2.62kWh
充電時間:7分間
電流値:112A

(桂川PA↑)

行きは吹田JCTから中国自動車道回りで淡路島へ向かいました。西宮名塩SAでの充電が目的です。

西宮名塩SAでは、この日初めての充電待ちに出合いました。それも充電時間のかかるアウトランダーです。充電器を見るとまだ充電を始められたばかりのようで、これはしばらく休憩だと半ばあきらめていたところ、家族連れが帰ってこられ、私のアイミーブを見るなり「淡路ですか?」とのこと。同じ目的地だったようで、トイレ休憩だけですからとその後、すぐに出発されました。充電の引き継ぎを気持ちよくしてくださいました。

西宮名塩SA
充電率:49.5パーセントから92.5パーセントへ
充電容量:5.4kWh
充電時間:11分間
電流値:101A

(西宮名塩SA↑)

淡路島へ入ってからは、このあとの走行経路や今回のイベントのために多数の電気自動車が集結していることを考えると、空いている充電器で少しでも入れておいた方が、今後の充電待ちに備えることができるだろうと、まずは淡路市役所へ向かいました。

「EVアイランドあわじ札所巡り」は、最低3カ所でのスタンプを押すことになっているので、淡路市役所での押印も目的です。

ところが、ここは休日に稼働していませんでした。事前の調査ミスです。

(淡路市役所↑)

そこで次ぎに、あわじ佐野新島太陽光発電所へ向かいました。ここはNCS()ネットワークではなく、エコQ電での認証になります。エコQ電ではNSCとは別に料金がかかりますが、ここは無料でした。

西宮名塩SAで出会ったアウトランダーのご家族ともお目にかかりました。

あわじ佐野新島太陽光発電所(エコQ電)
充電率:34パーセントから83パーセントへ
充電容量:5.6kWh
充電時間:14分間
電流値:急速

(あわじ佐野新島太陽光発電所↑)

EVアイランドあわじ札所巡りの会場となる「ウェルネスパーク五色」へ向かう途中に念のためにもう一度、兵庫三菱自動車販売(株)淡路店で充電しました。今日はイベントがあるので、ひっきりなしに電気自動車が来るとお店の方がおっしゃっていました。

兵庫三菱自動車販売(株)淡路店
充電率:?パーセントから85パーセントへ
充電容量:?kWh
充電時間:6分間
電流値:中速

(ウェルネスパーク五色↑の会場)

ビンゴ大会では参加賞のタマネギ1個でした。

駐車場にはずらりと電気自動車の列ができました。

帰り道どこで充電しようかと考えたのですが、淡路SAでは充電待ちが当然起こりそうでしたから、ウェルネスパーク五色から一般道を北へ10kmほどにある「」へ向かいました。ところが、アウトランダーが充電中でした。そこで、さらに10kmほど先にある「」へ向かいました。

途中、淡路島名産のタマネギを参加賞1個では申し訳ないので買い求めるべく、地元の店を探しながら走って行きました。そこで見つけたのが道ばたの農家です。車を止めて軒先へ入っていきましたが、おじさんとおばさんは私の車を見て、「あれは電気で走るのか?」「何キロ走るのか?」と商売そっちのけで質問されました。ようやく買い求めたのが下のタマネギですが、紫色のは質問に答えた?サービス品です。

は官公庁にありがちな1階の窓口で利用申請の住所などを書き、カギを開けてもらうタイプです。8:30~16:30と時間は限られていますが、年中無休で無料充電できます。

行きは中国道回りでしたが、このあと、まだ走ったことのない阪神高速を北上するので、目一杯98.5パーセントまで充電させてもらいました。


充電率:55パーセントから98.5パーセントへ
充電容量:?kWh
充電時間:?分間
電流値:急速

(北淡事務所↑・スマホアプリ「EVsmart」へ投稿した画像)

淡路から阪神高速を走り、途中Kekkonの仲間とも併走しながら、京橋PAを目指しました。ところが初めてのことで入り損ない、次の吹田SAでの充電となりました。

電池温度の上昇が原因のようで、99Aしか出ませんでした。

充電中に赤のリーフがやってきたので、急いでトイレを済ませ、80パーセントほどで終了しました。

吹田SA
充電率:47パーセントから(80?)パーセントへ
充電容量:4.17kWh
充電時間:9分間
電流値:99A

(吹田SA↑)

桂川PAはパスして、草津PAで充電でも良かったのですが、桂川PAに寄ったところ空いていたので、ちょこっと充電を行いました。ただ、充電中暑さ対策のため窓を開放していたのですが、隣の茂みからヤブ蚊が入り込んできて刺されました。

行きの桂川PAは112A出たのですが、帰りは99Aしか出ませんでした。時速85kmを目安に走ってきましたが、気温の上昇とともに電池の温度も上昇したのでしょう。冷却システムのないアイミーブMグレードは、この点が弱点です。

桂川PA(上り)
充電率:60.5パーセントから95パーセントへ
充電容量:4.2kWh
充電時間:10分間
電流値:99A

(桂川PA↑)

多賀SAでは、アイミーブのキティ号が充電をされていました。すぐに移動しますからとおっしゃってくださいましたが、観光バスの乗客からの質問攻撃に答えるのがたいへんそうでした。私が充電を初めても、他の方からの質問が相次ぎました。

行きの多賀SAは125Aでしたが、帰りは50Aしか出ませんでした。スピードを出したわけでもないのですが、昼間は暑かったですから桂川PAにも増して、電池の温度が上がったためと思われます。約1.9kWhを充電するのに8分もかかりました。

充電率が50パーセントもあれば自宅までたどり着くことができるので、電流値も低いことがあり、越えたところで終了しました。そして、無事帰宅。

多賀SA
充電率:34.5パーセントから51パーセントへ
充電容量:1.86kWh
充電時間:8分間
電流値:50A