リンク: .

では、EV充電スタンドが過去3年でどれくらい増えてきたのかを掲載しています。5月25日(月)現在、に登録されている充電スタンド登録数は、急速充電器5,716件、普通充電器8,659 件、合計11,946件です。

それを見て特徴的なことは、急速充電器がこの1年で倍以上の増加をしているということです。国の補助金優遇があったりのがあったりして、設置しやすい環境にあることがその原因でしょう。

現時点で、電欠の心配はほぼなくなりつつありますから、これからは充電待ちの解消、高速道路上のSAやPA、道の駅などでの複数設置に重点が移ってくるでしょう。

それにしても高速道路上は経路充電だからと急速充電器に固執しなくても、SAを利用する人の中には、長めの休憩を取る人もいるのだから、普通充電器も併設すれば、利用が分散して充電待ちも減るし、第一に設備投資、維持費が安くて済むと考えますが、そのような動きにはなっていないようです。