リンク: .

日産は6月23日に開いた株主総会で、1充電走行距離をガソリン車並にできる電気自動車の見通しがついたことを明らかにしたと伝えています

「ガソリン車と同じくらい航続距離」の具体的な数字や販売時期についてはあきらかにしなかったそうですが、200Vでは8時間、急速充電で30分かかっている充電時間が「画期的に」早くなることや、セグ欠けが問題になっているバッテリーの性能についても「長年お使い頂いても性能が劣化しない」とのことですから、発売が楽しみです。

「ガソリン車と同じくらい航続距離」とはどれくらいでしょうか。海外メーカーが発表し発売を予定している電気自動車では300キロですから、それくらいでは500キロ走るガソリン車と同じとは言いにくいでしょう。ですから400キロぐらいを目指しているのかもしれません。(コメントにあるように株主総会では500キロ以上とのプレゼンがあったそうです)

「ガソリン車と同じくらい航続距離」は、のモデルS(航続距離最大502 km)ように大量の電池を載せれば既存の技術で今でも可能です。日産が言う次期リーフの技術が安易なものだとは思えませんが、今の24kWhの電池を倍増し、据え置き型で倍速充電ができる「LEAF to Home」を小型軽量化し車載できれば、200V充電で8時間、それで400キロ走る「なんちゃって」リーフはできあがります。

「長年お使い頂いても性能が劣化しない」ということは、電池も今のものとは変えてくるのかもしれません。製造メーカーを変えるのか、今の電池性能をアップするのかのどちらかでしょうが、「劣化しない」となると製造メーカーを変えるのかもしれません。

どんなものであれ、日産のその「技術」が三菱と共同開発していると噂される次期軽電気自動車にも生かされ、近い時期に発売されることを期待しています。ただ、それらしい情報がなかなか出てこないところを見ると、次期軽の電気自動車に載せる電池をどれにするかなど、日産と三菱での話し合いが上手くいっていないのかもしれません。

リンク: .(2015/06/23)

GSユアサ、三菱商事と共同開発中の車載リチウムイオン電池の開発時期と性能目標についてコメントした

コメントをいただいた情報に、先日の日産株主総会のおりに流したであろう動画がYouTubeにありました。満充電で544km走るとあります。

(動画の一場面より)

(削除されてしまったので、別のを載せます)

Nissan's 544-km Long-Range LEAF