リンク: .

テスラモーターズは、モデルSの充電口に自動で接続し充電する機器のプロトタイプを公開していると伝えています。

「非接触充電システム」ではなく、今ある充電口にロボット充電ガンが自動的に挿入されるというものです。

テスラモーターズが「非接触充電システム」を模索するのではなく、このような充電ロボを研究開発するのは、「非接触充電システム」では車体側にも装置が必要になり、固定装置と共に設置コストもかかることから、充電ロボットの方が効率が良いと考えているのかもしれません。

そこまでしなくても、もともとは充電口を開き、充電ガンを差すだけの作業ですから、おっくうではありませんが。

Charger prototype finding its way to Model S