リンク: .(有料会員限定版)

GSユアサは2017年頃から独ボッシュや三菱商事と共同で、走行距離が従来の2倍で小型化したリチウムイオン電池を生産すると伝えています。

重量バランスを考えると簡単にはいかないでしょうが、小型化が実現すれば現行の三菱アイミーブのものを同じ体積分のせ換えることにより、一充電で2倍以上の400キロを走るものができるかもしれません。

次世代電池は価格も低くなるでしょうから、性能の高い軽自動車としての登場を期待しています。

(日産と三菱の合弁会社)